日本初!女性向けの 新しい検診とは?

日本初!女性向けの 新しい検診とは?

「毎日、元気でいたい。そして、将来は赤ちゃんを作りたい!」そのために、まずあなたの体がいまどんな状態かを知り、足りない部分をメンテナンスすることが必要です。最近、大人気でなかなか予約が取れないという「プレコンセプション検 […]

「毎日、元気でいたい。そして、将来は赤ちゃんを作りたい!」そのために、まずあなたの体がいまどんな状態かを知り、足りない部分をメンテナンスすることが必要です。最近、大人気でなかなか予約が取れないという「プレコンセプション検診」では、ふつうの健康診断との違い、体が妊娠できやすい状態にあるかといったことをくわしく調べます。どんなことがわかるのかご紹介していきましょう。

健康な体型かチェック

まず、身長、体重など基本的な「身体測定」があります。基本的といっても、そこからはあなたのカラダの状態や見えない問題点がわかるのです。目指すべき健康体型には、ベースとなる体格のチェックが必要です。身長と体重を測ったら、そこからBMI(ボディマス指数)がわかります。これは肥満度を表す「体格指数」。やせすぎや太りすぎといった、体型の問題を判断します。

やせすぎの場合、体重・脂肪が少なすぎると、生理が不規則になり無排卵月経などの原因になります。一方、肥満の場合は生活習慣病になりやすいという問題が。
また、体組成計で筋肉量や体幹、体のバランスもチェックします。

健康診断にはない女性のための診断

次に「尿検査」。ここでは、将来生まれる赤ちゃんへの影響がわかります。尿検査の結果で診断するのは、腎臓病の可能性。実は、腎臓に異常があると「妊娠高血圧症候群」や早産、赤ちゃんの発育遅延など、さまざまなリスクが高くなります。また、糖尿病にも要注意。胎児の健康にも影響があります。「血液検査」では、通常の健康診断では検査しない「甲状腺機能」や「風疹ウイルス抗体」をチェックします。これらは女性に多い貧血や冷え、疲れ、生理不順などの原因にもなるため、放っておくと危険です。

医師や栄養管理士がアドバイス

最後に、今回受けた検査の結果や、問診票や食事記録をもとに、医師と管理栄養士が体にいい食事や体調管理などのアドバイスをしてくれます。あなたの体のための、いわば“完全オーダーメイド”のドクターカウンセリングや、栄養士による栄養指導が受けられるのが、プレコンセプション検診の特徴です。今の体の状態をしっかりと把握し、健康に保っていくように努力することで、次の世代にも健全な体が受け継がれていくのです。

関連記事:

ピックアップ

妊娠初期・中期・後期別の起こりやすいトラブルや病気
妊活中に知っておきたい子宮の病気と妊娠への影響
妊娠中期(16~27週)の変化に伴う5つの注意点
生理痛があるのは当たり前……ではない!?