『キングスマン: ファースト・エージェント』の全米公開が2021年まで延期へ

『キングスマン: ファースト・エージェント』の全米公開が2021年まで延期へ

映画『キングスマン: ファースト・エージェント』の全米公開が2021年までさらに延期となった。マシュー・ヴォーン(49)監督の「キングスマン」シリーズの前日譚は、全米で9月公開が予定されていたが、2021年2月26日まで延期されることが決定した。日本では9月25日公開が予定されているが、現時点では変更があるのかは明らかになっていない。

レイフ・ファインズと ジェマ・アータートン主演の本作は、元々2019年11月に封切りが予定されていた。

『キングスマン: ザ・シークレット・サービス』と『キングスマン: ゴールデン・サークル』の起源を描く新作では、ヴォーン監督はこのシリーズ第3作目ではコリン・ファースとタロン・エガートン主演の本編に繋がるような「種を蒔く」と説明している。

ヴォーンは「『キングスマン3』で起きるであろう出来事の種を蒔いたんだ。これに話が戻るようにね。新作は全然違うものになるよ」と述べた。

『キングスマン: ファースト・エージェント』では架空の19世紀前半を舞台として、イギリス陸軍ランカスター公爵の部隊の実際の生活を軸に、100年に渡って特別な扱いを受けていたスパイ組織「キングスマン」の始まりを描く。

ヴォーンは以前、『キングスマン: ファースト・エージェント』が「007」シリーズに匹敵するようなシリーズ作となり、映画かテレビで続編が制作される事を望んでいると明かしていた。

ピックアップ

アーミー・ハマー、離婚の辛さを明かす
ジェニファー・アニストン、引退を検討中!?
『ザ・クラウン』、シーズン4が11月に配信開始へ
ザック・エフロン、『ファイアスターター』映画化作で主演へ