【たるみ・深いしわの原因や予防法を紹介】“リフト力”が不足気味?おすすめのスキンケアアイテム3選も

【たるみ・深いしわの原因や予防法を紹介】“リフト力”が不足気味?おすすめのスキンケアアイテム3選も

「たるみ・深いしわ」といった肌トラブルの原因は、肌や内臓を下から上に持ち上げる“リフト力”が不足してしまうこと。リフト力は気(き=エネルギー)の働きによるもので、不足すると肌にハリがなくなってたるみがちに。疲れやすい、体が重い、だるさ、息切れなどの不調も起こりやすい傾向が。そこでたるみ・深いしわを防ぐための生活習慣や、しわ改善スキンケアアイテム3選もご紹介します。

たるみ・深いしわの予防のために心がけたいOK習慣

リフト力は体内を巡る気が下から上へと向かう力なので、下から上へと押し上げるようにマッサージするとリフト力アップに。クリームやオイルを使って、指の腹や手のひらで下から上へとさするようにマッサージしよう。特に、お風呂上がりのマッサージがおすすめ。また、顔を巡る気は頭皮へと巡っていくので、顔のマッサージとあわせてブラシで頭皮マッサージも行うとさらに効果的。

食事面では、胃腸に負担をかけないことを心がけて。最も大切なのはよくかむこと。消化が促されるためリフト力が生まれやすくなる。気を補うには朝食をしっかり取ることも大切。おすすめの食材は、発芽玄米やスプラウト、イモ類など、芽が出る食材。下から上へと上昇するエネルギーを持つため、リフト力のサポートになるはず。そのほか、目覚めたら朝日をしっかり浴びて深呼吸をし、自然のエネルギーをたっぷり取り込むことも習慣にしてみて。

たるみ・深いしわの予防のために気を付けたいNG習慣

フェイシャルマッサージの習慣がない人は、顔の気の巡りが悪くなってリフト力が低下しやすい傾向が。乳液や美容液などをつけるときにマッサージもあわせて行うことを意識しよう。ダイエットのために糖質制限をする人もいるかもしれないけれど、穀類が不足するとリフト力が十分に生み出されなくなるため、肌のハリが失われることが。適量を食べるように心がけて。

朝食を抜く生活が続くと、リフト力を十分に補充することができない。また、朝食をジュースやスムージーなどの冷たい食事ですませることも、胃腸を冷やし、リフト力の低下につながる可能性が。朝食は温かい食事を取ろう。リフト力不足タイプは疲れやすい傾向もあるため、激しい運動をすると体力を消耗して肌の元気も失うことに。ヨガやストレッチなどの体をゆっくり動かす運動がおすすめ。

関連記事:

ピックアップ

和歌山の名門酒蔵が手がける日本橋のどぶろく醸造所_MEETS SAKEBITO 最終回
六本木ヒルズに果実味あふれる「魅惑の夏フルーツ」が集結!話題のイタリア伝統菓子カッサータのデザートやご褒美パフェも
人気コスメ総選挙「夏に向けて引き締め!スリミングコスメ編」BEST3を発表!
スイス高級ティー、ウエッジウッドの食器、夏パフェが揃うアフタヌーンティー。ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 東京汐留