クリス・エヴァンス、SNSでの失態を投票促進に活用

クリス・エヴァンス、SNSでの失態を投票促進に活用

クリス・エヴァンス(39)が、自ら下半身写真を流失してしまったことで集まった注目を活用し、人々に投票を呼び掛けた。クリスは先日、家族でゲームをしている動画をインスタグラム・ストーリーでシェアしようとしたところ、その動画が終わってもスマホに保存されていた写真が次々と投稿されてしまい、そこに男性の下半身写真も含まれていたことで、大きな話題を呼んでいた。

これを受け、クリスは11月3日に行われる米大統領選挙の投票アピールに活用することにしたようだ。ツイッターでは、恥ずかしさで顔を隠した絵文字と、肩をすくめる絵文字に続き、「みんなが注目してくれているみたいだから…11月3日に投票!」と綴られている。

そんな投稿に対してユーザーからは「君の目的のための献身はすごいね」と言ったものや、「そうか、すべては計画だったんだね。よくやった」など、今回の失態をネタとしようとするクリスへの支援コメントが次々と寄せられている。

クリスの問題の投稿の直後には、マーベル作の共演者、マーク・ラファロも「クリス・エヴァンス、トランプが大統領である限り、自分の恥をさらすことなんてどうやってもできないさ。ほらね、不幸中の幸いだろ」と冗談で事を和らげようとしていた。

ピックアップ

アーミー・ハマー、離婚の辛さを明かす
ジェニファー・アニストン、引退を検討中!?
『ザ・クラウン』、シーズン4が11月に配信開始へ
ザック・エフロン、『ファイアスターター』映画化作で主演へ