【編集部の#コレ気になる】余りがち食材はカレーでおいしく!「もっとカレーだからできることプロジェクト」とは?

【編集部の#コレ気になる】余りがち食材はカレーでおいしく!「もっとカレーだからできることプロジェクト」とは?

デビューした新商品・新スポットを、オズモール編集部が体験&インタビューして深掘りする「#コレ気になる」。第2回目はハウス食品グループが取り組む「もっとカレーだからできることプロジェクト」について、担当の生田さんにお話を伺ってきました。ついつい余らせてしまいがちな食材たちを、カレーでおいしくいただき家庭の食品ロス削減をめざす。そんな取り組みの詳細や、余りがち食材を救済する意外なカレーレシピとは?

ちょっと意外な食材の組み合わせでも、カレーならおいしくまとめてくれる

まだ食べられるのに、捨てられてしまう食べ物(=食品ロス)が、日本の家庭から1年に約284万トンも出ていると言われているそう。そんな“もったいない”を減らすために食品メーカーとしてなにかできることはないか、せっかくの食材をおいしく食べてほしい。そんな想いでハウス食品グループ本社が立ち上げたのが「もっとカレーだからできることプロジェクト」。

「冷蔵庫や棚に眠る期限が近付いた食材たちを、まとめてカレーにしておいしく食品ロスを減らそう、という取り組みです。じゃがいも、人参、玉ねぎといった定番の食材以外にも、豆腐やキャベツ、もやし、きゅうりといった、ちょっと意外な食材の組み合わせでも、スパイスがおいしくまとめてくれるのが、カレーの魅力です」と生田さん。

豆腐やきゅうりをカレーに入れてもいいとは、カレーの懐の広さに驚き。実はこれは合わないみたいなものはないの?
「ホームページに掲載しているレシピの試食をしましたが、どれも本当においしいんです(笑)食材をカレーに合わせるコツも掲載しているので、ぜひ見てください」(生田さん)

家庭での食品ロスを、カレーでおいしく減らしたい

このプロジェクトのゴールを聞いたところ、「明確なゴールはないですが、まずは家庭でも食品ロスが起きているということに、多くの方に気付いていただきたいですね。このプロジェクトをきっかけに、冷蔵庫の奥の“見なかったゾーン”をキレイにする日を1日でも作っていただければうれしいです」と生田さん。
自炊をする機会が増えた最近、余ってしまった食材をどうしようと思っている人も多いのでは。そんなときに、カレーという存在を思い出せたら、おいしく食品ロスを減らせそう。

ちなみに、家庭によってさまざまな隠し味があるカレーだけど、生田さんが考えるおいしい作り方は?
「パッケージの裏に書いてあるレシピ通りに作っていただくのがいちばんです! バーモントカレー、ジャワカレー、こくまろカレーなど、商品によって実は皿数や水の量も異なるので、一度レシピ通りに作ってみてくださいね」(生田さん)

関連記事:

ピックアップ

有機野菜&スパイスを使用!GINZA SIXバイヤーおすすめの野菜のおいしさが実感できるヴィーガンカレー
スープ専門店の本気カレー!西武池袋本店バイヤーおすすめのバターで仕上た北インド風カレー
老舗が作り出した自慢の品!東武百貨店 池袋本店バイヤーおすすめの惜しげなく松阪牛を使った上質カレー
国産牛スネ肉がとろける柔らかさ!エキュート品川バイヤーおすすめの老舗肉屋が愛情を込めて作ったビーフカレー