「女の子だったらどうしようかと思った」ってお義母さん、ひどくない!?

「女の子だったらどうしようかと思った」ってお義母さん、ひどくない!?

第1子が女の子で、第2子で男の子を出産したママ。息子さんを妊娠するまでは気づかなかった、義理のご両親の「長男ファースト」な一面に、どうしてもママがモヤモヤしてしまった体験談を紹介しています。

私には6歳の女の子と生後11カ月の男の子がいます。娘のこともかわいがってくれているものの、息子を妊娠して以来、義理の両親から「長男ファースト」な言動が垣間見えてモヤモヤしてしまった、そんな私の体験談をご紹介します。

「長男なんだから」

義理の両親にとって、子どもは夫と妹さんの2人です。結婚当初からよく「長男なんだから、お盆とお彼岸には必ず帰ってきてお墓の管理を」とお義母さんに言われてきた私たち夫婦。


子どもが生まれる前はお義母さんの言う通りに、お墓参りのためだけに春と秋のお彼岸とお盆の年に3回、休みの日に夫と2人電車で2時間かけて帰省。でも、子どもが生まれてからは時間の面でも体力の面でも余裕がなく、自然とお墓参りは免除されるようになりました。

「女の子だったらどうしようかと…」

娘を出産してから4年後、念願の第2子を妊娠。娘がすごく育てやすくかわいくてたまらなかった私は、2人目も女の子でもいいと思っていました。でも、お義母さんは違ったようで……。


妊婦健診のたびに性別がわかったのか電話で聞かれ、妊娠6カ月でおなかの中の赤ちゃんが男の子だとわかると、「これでまた女の子だったらどうしようかと思っていたわ! 男の子でよかった~」と心の底から安堵したように言われました。お義母さんに悪気はなく純粋に喜んでいる様子でしたが、「女の子だったらどうしよう」のひと言に、私はすごくモヤモヤしたのをよく覚えています。

関連記事:

ピックアップ

パニック!私の髪、どうなっちゃうの!?産後の抜け毛に奮闘する日々【ママの体験談】
「いやだな…」ついに入院!手術説明を聞いてたら…/子宮頸がん手術11
「まさか奥さんに言ってないよね?」絶対言っちゃダメな言葉を伝えた事実が発覚して… #僕と帰ってこない妻 56
「こんばんは」えっ!手術前、意外な人からLINEがきて…/40代婦人科トラブル#58