どうして!?子どもが急に離乳食を食べなくなった2つの理由【体験談】

どうして!?子どもが急に離乳食を食べなくなった2つの理由【体験談】

9カ月のころ、子どもが急に離乳食を食べなくなってしまったときの体験談をママさんが紹介してくれます。離乳食の味が薄すぎたこと、バウンサーのクッションのせいで暑くなり、居心地が悪かったことが理由だったようです。

現在1歳6カ月のわが子はほとんど好き嫌いがなく、なんでも食べてくれるのですが、生後9カ月ころに離乳食をまったく食べてくれなくて、とても悩んだことがありました。そのとき、離乳食を食べなかったことには、2つの理由があったのではないかと思っています。

どうして離乳食を食べないの?

わが子は、生後5カ月すぎから離乳食を始め、量は少なめでしたが、おおむね順調に進んでいました。

しかし、生後9カ月ごろから急に離乳食が進まなくなったのです。スプーンで離乳食を口に入れても口を動かさず、なかなか飲み込まないので食べ進めることができません。また、バウンサーの背もたれを起こして食事のイスとして使用していたのですが、バウンサーに座り続けることすらいやがるようになってしまいました。

離乳食の味が薄すぎた

困った私は、子育て支援センターで栄養士さんに相談しました。すると、私の作る離乳食の内容を聞き取った栄養士さんは、「そろそろ少し味付けしてもいいかもしれないね」とのこと。私は、離乳食を作る際、天然のだし以外、調味料類をなにも加えていませんでした。 生後9カ月のわが子はそれが物足りなくなっていたのかもしれません。

そこで、ごくごく少量の醤油や味噌などを加えるようにすると、ちゃんと食べるようになってくれました。

関連記事:

ピックアップ

<育児日記>「もう、どうにでもなれ!」まったく寝ない息子に対して、母がとった意外な行動とは!
「俺、洗濯物やるね」夫が家事をするのは育児から逃げたいとき。娘のお世話を避ける夫に、妻は?
「生理が原因!?」美容メンテがうまくいかなかった理由にビックリ!
「出費は折半で」子育てママへの配慮は一切なし?離婚を考えるほどの彼からの要求