ママ友がほしい…!育児プログラムでママ友づくりに挑戦【ママの体験談】

ママ友がほしい…!育児プログラムでママ友づくりに挑戦【ママの体験談】

ママ友づくりのために自治体の育児プログラムに参加した体験談をママさんが紹介してくれます。育児プログラムを通して月齢の近い第一子を育てるママと知り合えたそう。悩みを共有したり励まし合ったりしながら、一緒に子育てを楽しめるママ友ができたそうです。

「子どもが生まれたらママ友がほしい」妊娠中からそんな思いを抱いていた私。ところが、赤ちゃんが生まれてみると思いのほか外出は大変で、すっかり出不精になってしまいました。でも、やっぱり気軽に話せる仲間がほしい! 一念発起して自治体でおこなわれている育児プログラムに参加してみました。

自治体でおこなわれている育児プログラム

私の住む自治体では、第一子を育てるママだけが参加できる育児プログラムがおこなわれています。プログラムは全4回、毎月開催されています。

同じくらいの月齢の赤ちゃんやママたちと一緒に、子どものいる生活を語ったり親子の絆について学んだりするもので、初めての育児はとくに不安を感じやすいことから始まった子育て支援事業です。同じ新米ママさんと出会えるチャンス! ということで、私は子どもが生後4カ月のときに参加してみました。

育児プログラムの内容

プログラムは週に一度、午前中の2時間を使って開催されていました。子どもとの関わり方を学んだり、自分たちの生活リズムを比べたり……。お堅い雰囲気ではなく、「完璧なお母さんでなくていい」という考え方が根本にあったため、多くを抱え込めない性格の私にはとても合っていました。

初めは緊張しましたが、数人のグループでの話し合いを繰り返すうちに、ほかのママたちと仲良くなっていきました。子どもの月齢が近く、同じ悩みを共感し合えたことが、話が弾んでいったきっかけだったと思います。

関連記事:

ピックアップ

<ヤバい義母>「大丈夫?」義母がいよいよ実家へ電話!?実母が心配する驚愕の内容に絶句…
「脱いで!シミになるから!」帰り道でアクシデント!うかつにも脱いでしまい…
<育児日記>「もう、どうにでもなれ!」まったく寝ない息子に対して、母がとった意外な行動とは!
「俺、洗濯物やるね」夫が家事をするのは育児から逃げたいとき。娘のお世話を避ける夫に、妻は?