雨の日の遊びどうしよう…0歳でも楽しめるおうち遊び

雨の日の遊びどうしよう…0歳でも楽しめるおうち遊び

この記事では、保育士の中田馨さんが雨の日に0歳からできる遊びについて紹介します。まずは、いつもしているかもしれませんが、絵本を読む。次に、何もおもちゃがなくてもできるふれあい遊びや手遊び。そして、おすすめなのがティッシュビリビリ遊びや、風船遊びや段ボールでトンネル遊びです。

こんにちは、保育士の中田馨です。雨の日に赤ちゃんと過ごす一日。いつもならお外に出て遊ぶこともあると思いますが、雨の日はお外に行けないので時間が進むのが何となく遅いのではないでしょうか?

保育所でも同じです。雨の日は「何をしようか?」と先生も考えます。そこで、0歳の赤ちゃんとお家でできる遊びを紹介します。

絵本

雨の日は、ゆったりと絵本を読む時間が取れる日でもあります。いろいろな絵本を読んでもいいですし、ママと赤ちゃんが好きな絵本を繰り返し読むのもOK。

文章が長くて「まだ赤ちゃんには早いかな?」という絵本も、文章を読まなくても絵を楽しみながらページをめくっていってもOKですよ。

ふれあい遊び

赤ちゃんが大好きな遊びはママとのふれあい遊び。マッサージやコチョコチョをして、いっぱい肌を触れ合って遊ぶといいですね。歌に合わせたふれあい遊びはたくさんありますが、私は自分で作った歌や替え歌でもよく遊んでいます。子どもの名前も入れ込んで歌うと、赤ちゃんも大よろこびです。

また、「いないいないばあ!」遊びも定番のふれあい遊び。手で顔を隠して「ばあ!」と出すだけの単純な遊びですが、ママの顔が隠れているときのドキドキ感と「ばあ!」と出てきたときのワクワク感。何度もすることで、赤ちゃんは身震いするくらいよろこんでくれます!

関連記事:

ピックアップ

<育児日記>「もう、どうにでもなれ!」まったく寝ない息子に対して、母がとった意外な行動とは!
「俺、洗濯物やるね」夫が家事をするのは育児から逃げたいとき。娘のお世話を避ける夫に、妻は?
「生理が原因!?」美容メンテがうまくいかなかった理由にビックリ!
「出費は折半で」子育てママへの配慮は一切なし?離婚を考えるほどの彼からの要求