車いす生活宣告をされたわが子。最初の一歩を踏み出した感動の瞬間

車いす生活宣告をされたわが子。最初の一歩を踏み出した感動の瞬間

難産で生まれた娘さんの体験談をママさんが紹介してくれました。命は取り留めたものの、将来、車いす生活になる可能性があった娘さんは、平均よりゆっくりでもおすわりもつかまり立ちもできるようになったそう。1歳3カ月のある日、とうとう最初の一歩を踏み出しました。

難産で生まれた娘は、命は取り留めたものの障害を持っています。将来は、車いす生活になる可能性がありました。それでも私の娘は、ゆっくりでも確実に成長しています。とくに「最初の一歩」は忘れることのできない感動的なものでした。今回は、そのときの話をお伝えしたいと思います。

33時間の難産で生まれた娘

初めての出産は、33時間の難産でした。私も何度か意識を失いそうになり、赤ちゃんも生まれてすぐには産声を上げず、助産師さんたちが刺激を与えてようやく産声をあげました。母子ともに疲れ果てての出産でした。

ところが出産の翌日に赤ちゃんの呼吸状態が急変し、NICUに救急搬送されてしまいました。

平均よりゆっくり。でも着実に成長

娘は人工呼吸器をつけ、数日眠ると、呼吸の問題はなくなりました。しかし、退院時のMRI検査で、脳が萎縮していることが判明。主治医の先生より「脳に酸素がいかない時間があり、脳がダメージを受けています。将来、歩けなくなる可能性があります」と、車いす生活になるかもしれないというショックな宣告を受け、私は不安で泣いて過ごしました。

それでも娘は、平均よりゆっくりであるものの、首もすわり、おすわりもできるようになりました。

関連記事:

ピックアップ

「生理前のイライラ、血糖値が原因かも?」コンビニおやつでイライラ撃退!
「痛くなかったんですか!?」医師に言われて驚き!もう生まれる!?想像と違った私の出産体験談
<手が出る子>「もう一度、しっかり息子と向き合おう」そう決心した母親は…
<SNSトラブル>「ヤバッ!」娘を放置してSNSに夢中に。夫の帰宅で焦った妻はあり得ない行動に…