昭和のおふくろの味を再現!福岡生まれの万能たれ「うまかばい」をカルディで入手

昭和のおふくろの味を再現!福岡生まれの万能たれ「うまかばい」をカルディで入手

「定番のお惣菜をおいしく作りたい」という方におすすめ!福岡・久留米発の万能たれ「うまかばい」をご紹介します。福岡の老舗醤油店が考案した、知る人ぞ知る調味料。昭和のおふくろの味を感じるような、どこか懐かしい味わいで時短にも役立ちますよ。

やや甘め!みたらしのような味

たれは、少しとろみがあってかつおと醤油のいい香り。やや甘口で、だしが効いたみたらし団子のたれのような味がします。

原材料はクルメキッコーの醤油のほか、魚介エキスやブドウ糖などを使用。絶妙な味バランスで調合され、親しみやすい味わいに仕上げられていますよ。

うまかばいで作るアレンジレシピ3選

1. 薄めて炒めるだけ!きんぴらごぼう

おふくろの味を感じる定番のお惣菜といえば、きんぴらごぼう。うまかばいで作る場合は、たれ30ml、水60miの配合で炒め合わせます。

それだけで少し甘めでだしが香る、やさしい味わいに!なんといっても秘伝の醤油のまろやかさが、うまかばいの味の要だと感じました。

2. 薄めて煮るだけ!肉じゃが

肉じゃがを作る際には醤油や酒、みりん、砂糖などの調合が必要で、味が一定しないのが悩みのたね。うまかばいなら、たれ80mlに対して水が90mlと具体的な分量が書かれていて便利です。

きっちり計って作ってみると、もう完璧な仕上がり!なんだろう、この懐かしさは……。やはり少し甘めで、どの調味料も主張しすぎない絶妙な味つけがいいですね。

3. 薄めて漬けるだけ!味たまご

作り置きおかずとして人気の味たまごも、うまかばいを使えば簡単に仕上がります。作り方は、たれを2倍の水で薄めた液にゆで卵を漬けるだけ!

卵は半熟でも固ゆででもOK。冷蔵庫で保存すれば3~4日はおいしく食べられ、漬ければ漬けるほど味が染みておいしいですよ。卵黄がほんのり甘くなるので、小さいお子さんにもおすすめです♪

関連記事:

ピックアップ

納豆×みそで5分おつまみ。「納豆とコンビーフの発酵ディップ」【きれいを叶える!ダブル発酵おつまみ #4】
肉まん専門店「トウキョウ パオ」が有楽町イトシアにオープン!カラフルな皮の中に本格餡がぎっしり
この冬仕込みたい「本格キムチ」の作り方。プロが教える5つのポイント
ミスチ新作は “ピスタチオとラズベリー”!6日間だけのホリデー限定フレーバー