ベビーカーでのお出かけ。「ベビーカーマーク」って知っていますか?

ベビーカーでのお出かけ。「ベビーカーマーク」って知っていますか?

ベビーカーで公共交通機関を利用される方もいらっしゃるかと思いますが、「ベビーカーマーク」というものがあるのをご存知でしたか?この記事では2014年から導入された「ベビーカーマーク」の意味と現状を紹介します。

みなさんはベビーカーで公共交通機関の利用をしていますか? 私は、最寄りの駅のエレベーター乗り場に行くより、さくさく移動したい一心で、子どもがおすわりができるようになったくらいから、ベビーカーをあまり使わなくなりました。しかしちょっとした買い物のときなど、荷物と子どもを抱えての移動はなかなか大変です。

ベビーカーをたたむか、たたまないか論争

いろいろなサイトやSNS等で見かける「公共交通機関はベビーカーをたたんで利用するべきか?否か?」の論争。子どもを持つようになって、たたまなくていい派になったという人もいれば、絶対たたむべき!と言う人もいると思います。

では、国はその点について、どのような見解を示しているのでしょうか。

「ベビーカーマーク」と「ベビーカー使用禁止マーク」って?

2014年3月に国土交通省は「ベビーカーマーク」と「ベビーカー使用禁止マーク」を発表しました。国土交通省のホームページによると、「ベビーカーマーク」はベビーカー使用者が安心して利用できる場所や設備を表し、「ベビーカー使用禁止マーク」はベビーカーの使用を禁止する場所や設備を表しているとのこと。

この2つのマークは、「ベビーカー使用者には、温かい気持ちを持って接し、見守りましょう。エレベーターがない場所での上り下りなど、手助けを申し出てみましょう」という意味を込めて作られました。また、ベビーカー使用者には「接触や通行の妨げなど、ベビーカーの操作に気をつけましょう」という意味合いも込められています。

関連記事:

ピックアップ

<ヤバい義母>「大丈夫?」義母がいよいよ実家へ電話!?実母が心配する驚愕の内容に絶句…
「脱いで!シミになるから!」帰り道でアクシデント!うかつにも脱いでしまい…
<育児日記>「もう、どうにでもなれ!」まったく寝ない息子に対して、母がとった意外な行動とは!
「俺、洗濯物やるね」夫が家事をするのは育児から逃げたいとき。娘のお世話を避ける夫に、妻は?