事前準備は?いつ帰るべき?『里帰り出産』のススメ【助産師に相談】

事前準備は?いつ帰るべき?『里帰り出産』のススメ【助産師に相談】

ベビーカレンダーの人気コンテンツ【助産師に相談】の中から特に注目をあつめた質問の内容を一部抜粋してご紹介します。今回は、里帰り出産を決めたものの、なかなか帰る気が起きないママさんからの相談です。

いつまでに里帰りすればいいの?

里帰り出産をするためには、当然、出産前に実家に帰ることになりますが、遠方の場合は移動にも時間がかかりますし、大きなおなかで荷造りなどの準備をするのは億劫に感じてしまいます。質問者さんのように体調がよければ、なおさらギリギリまで帰らなくても大丈夫なのでは…という考えになってしまいがちです。

しかし、現地で出産までの経過を診てもらうためにも早めに帰るに越したことはありません。具体的に、どのくらいの時期までに帰省するのがいいのでしょうか?

「正常妊娠の場合は、妊娠30週~35週程度に里帰りすればよいでしょう。ただし、帰る際は、なるべく身体に負担のかからない帰省方法をとることをおすすめします。週数が遅くなると飛行機での帰省など、医師の診断書が必要な場合もありますので、事前に確認しておきましょう。 切迫早産や多胎妊娠(双子以上の妊娠)などのリスクの高い出産の場合は、週数を待たず早めに帰るなど、医師の判断に従いましょう。里帰り出産の場合、切迫早産などで自宅安静、入院となると里帰り先で出産することが難しくなります。定期健診をしてもらっている産院に、いつごろ里帰りをすればいいのか確認しましょう」(助産師REIKO)

体調や経過にもよるため、健診の際に医師に確認してみるのがいちばんいいようです。

里帰り出産のメリット・デメリット

まだ里帰り出産にするか否かで迷っているという方は、メリットとデメリットの両方をしっかり把握してから決めましょう。大事な出産をおまかせする帰省先の産院についてもしっかり調べておくことをおすすめします。

里帰り出産のメリット

・育児の先輩である母が近くにいることで、身体の変化や妊娠後期、産後の不安などを相談できる
・妊娠後期、おなかが大きくなってきて、スムーズにできなくなってくることをサポートしてもらえる
・産後、料理や掃除などの家事をサポートしてもらい、赤ちゃんのお世話だけに専念できる
・産後の身体の回復に必要な期間、実家で過ごすことで身体を休めることができる

里帰り出産のデメリット

・妊娠後期、産褥早期の移動により、母子に負担がかかる可能性がある
・妊娠期からの一貫した健康管理や指導を受けにくい
・里帰り先の産院に関する情報が間接的で不足しがち
・夫、子どもと離れて過ごすことから、新しい家族としての機能が早期に確立しにくい
・母親が自宅に戻ってからの生活に適応しにくい

夫とこまめに連絡をとったり、上の子は産前から少しの時間だけでも一時保育を受け入れている保育園があるかなど、事前に確認してママの負担を少しでも軽くしておくといいでしょう。

※引用元: 基礎知識(妊娠中)「里帰り出産はいつから準備する?メリット・デメリット、手続きや産院の予約の時期を解説」〈 https://baby-calendar.jp/knowledge/pregnancy/950 〉

里帰り出産をするには、帰省先の情報収集や荷物の準備以外にも自宅に残る家族のフォロー体制を整えるなど、事前にやることがたくさんあります。しかし、落ち着いた環境、安らかな気持ちで出産を迎えられるというメリットも捨てがたいですよね。まだ迷っている方、これから帰省される方は、ご家族とよく相談したうえで帰るタイミングやその間のことを決めるようにしましょう。そして、準備から協力してもらえるようにすれば、負担も少なく気持ちよく出産に臨めるのではないでしょうか。

ベビーカレンダーは、妊娠や育児のお悩みを抱えたママさんの強い味方でありたいと思っています。自分だけではどうしても解決できなかったとき、不安で仕方がないときは本物の助産師や管理栄養士がリアルタイムでお悩みや質問にお答えする『助産師に相談』『管理栄養士に相談』の掲示板をぜひご活用ください!

関連記事:

配信元

ベビーカレンダー ロゴ
ベビーカレンダー
『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんの成長に合わせて一人ひとりに必要な情報を、毎日個別にカスタマイズしてお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。 妊娠してから1歳までのお子さまを持つかたに向けて、毎日新しい、役立つ情報をお届けします。 日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。
『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんの成長に合わせて一人ひとりに必要な情報を、毎日個別にカスタマイズしてお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。 妊娠してから1歳までのお子さまを持つかたに向けて、毎日新しい、役立つ情報をお届けします。 日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ピックアップ

「病院へ行こう」泣きわめく私を見て夫がひと言。すがる思いで受診すると…?
<産後ヤバイ話>「ズボンなんかはいてられねぇ!」自らパンイチになり落ち込む…その理由とは?
「やべ…」ママの目の色が豹変し、思わずゾクッ!狙われたパパの行く末は?
「仕方ないだろ」泣いて助けを求めるママに、パパはまさかの反応をし…