抱きぐせがついちゃうから抱っこはしない?!

抱きぐせがついちゃうから抱っこはしない?!

日本コミュニケーション育児協会の珠里さんが赤ちゃんの抱っこについて教えてくれました。肌にふれて温かさを感じると「愛情ホルモン」と呼ばれるオキシトシンが分泌され、情緒が落ち着き、癒されます。赤ちゃんが泣いたらどんどん抱っこをしてあげてくださいとのことです。

こんにちは。日本コミュニケーション育児協会の珠里です。「赤ちゃんのとき、泣いたらすぐ抱っこをしていると、抱きぐせがつくんですか?!」と、抱きぐせを心配しているママも多いようです。今回は、抱っこと抱きぐせについてお伝えします。

抱っこでママの温かさを伝えてあげよう

赤ちゃんを「泣いたらすぐ抱っこ」していたら本当に抱きぐせがついてしまうのでしょうか? 私はそうは思いません。つい最近までおなかの中にいた赤ちゃんにしてみたら、ママの温かさに包まれ、胸の音を感じられる抱っこはとても落ち着くことです。

親子で癒し癒されるのが抱っこ

人は肌にふれ、温かさを感じると「愛情ホルモン」と呼ばれるオキシトシンが分泌され、情緒が落ち着き、癒されるといわれています。すなわち、抱っこは最も身近な親子のコミュニケーション法! 抱っこで親子ともに癒し癒れちゃいましょう。

関連記事:

ピックアップ

【100均】万能すぎる!セリアの「ハンカチスタンド」が家じゅうの収納に大活躍★活用アイデアまとめ
「ママには内緒って言われた」そんなに食べさせたかったの!?息子に無理やり食べさせた義父に不信感…
「1人目と同じだと思ってた…」想定外!2人目妊娠に備えて準備不足だった!?と思うこと【体験談】
男の子の「夏ネーム」!海や太陽をイメージする夏ネーム、トレンドの「ジェンダーレスネーム」も人気!