抱きぐせがついちゃうから抱っこはしない?!

抱きぐせがついちゃうから抱っこはしない?!

日本コミュニケーション育児協会の珠里さんが赤ちゃんの抱っこについて教えてくれました。肌にふれて温かさを感じると「愛情ホルモン」と呼ばれるオキシトシンが分泌され、情緒が落ち着き、癒されます。赤ちゃんが泣いたらどんどん抱っこをしてあげてくださいとのことです。

こんにちは。日本コミュニケーション育児協会の珠里です。「赤ちゃんのとき、泣いたらすぐ抱っこをしていると、抱きぐせがつくんですか?!」と、抱きぐせを心配しているママも多いようです。今回は、抱っこと抱きぐせについてお伝えします。

抱っこでママの温かさを伝えてあげよう

赤ちゃんを「泣いたらすぐ抱っこ」していたら本当に抱きぐせがついてしまうのでしょうか? 私はそうは思いません。つい最近までおなかの中にいた赤ちゃんにしてみたら、ママの温かさに包まれ、胸の音を感じられる抱っこはとても落ち着くことです。

親子で癒し癒されるのが抱っこ

人は肌にふれ、温かさを感じると「愛情ホルモン」と呼ばれるオキシトシンが分泌され、情緒が落ち着き、癒されるといわれています。すなわち、抱っこは最も身近な親子のコミュニケーション法! 抱っこで親子ともに癒し癒れちゃいましょう。

関連記事:

ピックアップ

「生理前のイライラ、血糖値が原因かも?」コンビニおやつでイライラ撃退!
「痛くなかったんですか!?」医師に言われて驚き!もう生まれる!?想像と違った私の出産体験談
<手が出る子>「もう一度、しっかり息子と向き合おう」そう決心した母親は…
<SNSトラブル>「ヤバッ!」娘を放置してSNSに夢中に。夫の帰宅で焦った妻はあり得ない行動に…