抱きぐせがついちゃうから抱っこはしない?!

抱きぐせがついちゃうから抱っこはしない?!

日本コミュニケーション育児協会の珠里さんが赤ちゃんの抱っこについて教えてくれました。肌にふれて温かさを感じると「愛情ホルモン」と呼ばれるオキシトシンが分泌され、情緒が落ち着き、癒されます。赤ちゃんが泣いたらどんどん抱っこをしてあげてくださいとのことです。

赤ちゃんのときはどんどん抱っこを♪

子どもを抱っこできる時期はほんの数年。抱っこで信頼と愛を育んでいるならば、その時期を逃すのはもったいない! 赤ちゃんが泣いたら抱きぐせなんて気にせず、迷わずに、どんどん抱っこしてあげてくださいね。そして思いっきりお互いの温かさを感じ、癒し癒され、信頼と愛を育んじゃいましょう。

著者:日本コミュニケーション育児協会 珠里友子

日本コミュニケーション育児協会(JCCRA)理事、トイレトレーニングアドバイザー®養成トレーナー、「子育てをもっとハッピーに!」をモットーに5人の子育ての経験を活かして、トイレトレーニングアドバイザー®として活動。その他「子どもの心と体に触れるコミュニケーション子育て」を発信しています。


抱きぐせがついちゃうから抱っこはしない?! https://baby-calendar.jp/smilenews/detail/98 Sat, 05 May 2018 21:00:00 +0900 98
抱っこのイメージ


こんにちは。日本コミュニケーション育児協会の珠里です。「赤ちゃんのとき、泣いたらすぐ抱っこをしていると、抱きぐせがつくんですか?!」と、抱きぐせを心配しているママも多いようです。今回は、抱っこと抱きぐせについてお伝えします。

抱っこでママの温かさを伝えてあげよう

赤ちゃんを「泣いたらすぐ抱っこ」していたら本当に抱きぐせがついてしまうのでしょうか? 私はそうは思いません。つい最近までおなかの中にいた赤ちゃんにしてみたら、ママの温かさに包まれ、胸の音を感じられる抱っこはとても落ち着くことです。

関連記事:

ピックアップ

<ウソつきなママ友>「有毒なものばかり食べさせて」無添加食品の購入を勧めてくるママ友にたまらず…
<浮気トラブル>「どうか離婚だけは…」浮気夫との離婚話を義母が謝るも拒否。するとまさかの発言を…
「転勤族かわいそう」モヤモヤする妻。しかし考え方を変えると…?
「全部僕のせいなんです」母の言葉を遮りきっぱり言い切った夫。そばで悪口を聞いてしまった妻は?