【アウトドアで映えるメイク】太陽の光の下でさらに美しく見えるメイクポイントとは?

【アウトドアで映えるメイク】太陽の光の下でさらに美しく見えるメイクポイントとは?

毎日のように新製品が発売されているコスメ。興味はあっても実際どれを選べばいいのか迷ってしまうもの。パーソナルカラー診断や骨格診断、メイク講座も自身で行う松下侑衣花さんが、メイクに関する読者のさまざまなお悩みにアドバイスするこの連載。今回はアウトドアが気持ちいいこの季節に、太陽の光の下で映えるメイクの極意を教えてもらう。

Q.秋の行楽シーズン、BBQやキャンプなど、野外で映えるメイクのポイントを教えてください



A.ベースはマットよりツヤ肌で。メイクはジューシーカラーを使いながら、ヘルシーな雰囲気に





「ここ最近のアウトドアブームで、秋にも野外でキャンプやバーベキューを楽しむ人も増えてきていますよね。そんな時に私が意識しているのは、あまりメイクが濃い印象を与えずに、太陽の光の下で健康的な雰囲気を作ること。

そのためには、まずベースメイクはマットよりもツヤ肌を意識してください。下地に日焼け止め効果はもちろんですが、保湿力が高かったりパールが入っていたりしてツヤが出ることもマストです。そしてポイントメイクでもジューシーで明るいカラーを使いながら、パール入りのアイテムを上手に活用することで太陽の光が反射してさらにヘルシーで美しく見えます。





人が多く集まるアウトドアシーンでは、正面というより斜めや後ろから見られることの方が多いので、それも意識してください。どうしても鏡で正面ばかりを気にしてメイクしてしまいますが、横顔や耳、そしてデコルテ、うなじ部分やヘアスタイルなど全方位に意識を持っていくようにしましょう」

次からは松下さん愛用のアウトドアで活躍するコスメ5つを紹介。



関連記事:

ピックアップ

【東京・横浜】食事と合わせて味わう「日本のシードルを飲める店」
【埼玉・長瀞(秩父郡)】長瀞 古沢園
【スマホでもっとスマートライフ入門】サブスク課金に注意!スマホアプリ整理術
【かき氷】老舗和菓子店が作る、“崖”のようなかき氷!目白「志むら」のインパクト大な“断崖絶壁風”かき氷