朝昼夜の体の変化に合わせた食材選びで、心身のリズムを整えよう

朝昼夜の体の変化に合わせた食材選びで、心身のリズムを整えよう

自然のリズムを重視する東洋医学では、食事についても朝昼夜のリズムを意識することが健康につながると考えられている。そこで、漢方に詳しいカガエ カンポウ ブティック漢方カウンセラーの成田かおるさんに、朝昼夜のリズムを意識した食生活について聞いてみた。

朝は「酸味」の食材で心身を引き締めよう





私たちはよく、1日の活動と休息の切り替えを“オン”“オフ”と表現するけれど、人間の体は機械のスイッチのようにオンとオフがパッと切り替わるわけではく、自然界と同じように徐々に変化するものなのだとか。

「自然界では朝に太陽が昇ると熱気が徐々に生まれていき、昼になるとその熱気がピークを迎えます。その後はだんだんと熱気が弱まり、太陽が沈むと大地が冷えて夜となります。人間の体も同様で、朝に湧きはじめたエネルギーは午前中にどんどん強くなり、昼にピークを迎えると、午後は徐々にクールダウンして夜になると休息モードに。太陽の浮き沈みと同じように、人間の体もグラデーションするように変化しています」(成田さん)

では、そのグラデーションの始まりである朝は、どんな食事がおすすめなの?

「朝は、1日の活動源となるエネルギーを作り始める時間帯で、胃腸の働きが活発になります。そのため、朝はより効率よく栄養を吸収できるように、胃腸に負担のかからない食事を取るのがいいでしょう。胃腸を冷やさないように、温かいおかゆやスープなどがおすすめです」(成田さん)

さらに、薬膳で「酸味」に分類される食材をプラスするといいのだそう。

「酸味の食材には心身をキュッと引き締める働きがあり、『今日も1日頑張ろう!』とやる気をアップさせることができます。酸味の食材は梅、酢、レモンなどが代表的で、おかゆに梅干しを乗せれば理想の朝食となりますよ」(成田さん)



心身が高ぶる昼は「苦味(くみ)」の食材で熱気を抑える





太陽の熱気がピークを迎える昼は、心身も熱気が高ぶっている状態。そこでランチには、高ぶった熱気を抑える食事を意識してみて。

「薬膳で『苦味(くみ)』に分類される食材には、体内の余分な熱を抑える働きがあります。ランチには苦味の食材を取り入れるように意識するといいでしょう」(成田さん)

苦味に分類される代表的な食材はニガウリ(ゴーヤ)。そのほかレタス、アスパラガス、カブなど、苦くないけれど食材の性質上苦味に分類されているものも。これらをランチに積極的に取り入れてみて。また、茶葉も苦味の食材なので、ランチの後は緑茶などの日本茶を飲むのもおすすめ。

ランチを1日の食事のなかで最も充実させるようにすると、午後の活動源がしっかり摂取できるので理想的。また、ランチ後に数分間目をつぶると、心身がすっきりして午後の仕事が気持ちよくスタートできるそう。あわせて試してみて。



関連記事:

ピックアップ

【東京・横浜】食事と合わせて味わう「日本のシードルを飲める店」
【埼玉・長瀞(秩父郡)】長瀞 古沢園
【スマホでもっとスマートライフ入門】サブスク課金に注意!スマホアプリ整理術
【かき氷】老舗和菓子店が作る、“崖”のようなかき氷!目白「志むら」のインパクト大な“断崖絶壁風”かき氷