秋の夜長にリッチな味わいの日本酒を。一合瓶サイズで楽しむ「熟成酒」5選

秋の夜長にリッチな味わいの日本酒を。一合瓶サイズで楽しむ「熟成酒」5選

「熟成酒」とは、一般的に3年以上蔵元で寝かせた日本酒のこと。長期熟成させることで香りや味わいが甘くまろやかになり、作り立てとはひと味違うおいしさに。今回は日本酒一合瓶専門店「ICHIGOU」の店長・泉田寛典さんがおすすめの熟成酒をピックアップ。一合瓶なら、ちょっと高級な銘柄も気軽に楽しめそう。

すっきりとフルーティーな香りと甘みが味わえる





少量高品質をコンセプトに酒造りを行っている山形県の「和田酒造」。「あら玉 1999年醸造 特別純米古酒」は20年以上熟成させているとは思えないほど澄んだ色合いで、ワインのような上品な味わい。
「徹底した品質管理のもと、美しい琥珀色と熟成した深い味わい、香りに仕上げられています。ほかの熟成酒にはないフルーティーさも魅力。牛肉を使った料理全般や、味の濃い料理と合わせるのがおすすめです」



和田酒造 あら玉 1999年醸造 特別純米古酒

価格:770円
容量:180ml
アルコール度数:15%



熟成年数による違いを飲み比べてみたい!





古酒(熟成酒)を代表する銘柄として全国で知られているのが、岐阜県の「達磨正宗」。昭和40年代から取り組んでいるという熟成酒は年数によって商品が揃い、時間を経るとお酒の香りや味わいがどのように変化していくのかが楽しめる。
「中でもおすすめは熟成十年。ドライフルーツのような甘い香りの中に、ほんのりスパイシーさがあります。相性がいいのは中華やお肉を使った料理など脂の多い料理。食後酒にもおすすめです」



白木恒助商店 達磨正宗

熟成三年495円、五年古酒1045円、十年古酒1650円、二十年古酒3300円
容量:各180ml
アルコール度数:16~19%(熟成年数によって異なる)



関連記事:

ピックアップ

コスメデコルテのクリスマス限定コスメ2021!ピンクが主役!自分を慈しむためのメイクアップコレクション
~だって、青が好き~沖縄の海を閉じ込めた、サンゴブルーのやちむん
秋冬のカラーチェンジに!ディズニープリンセス風ヘアカラー3選
【滋賀県】美味!変わり種フルーツ大福_スイーツなかの MEETS ローカルおやつ