つい食べ過ぎてしまう秋に!市販のおすすめ「ダイエット食品」3つ

つい食べ過ぎてしまう秋に!市販のおすすめ「ダイエット食品」3つ

おはようございます。大阪でエステサロン「private salon Laule’a」を経営する、美容家の寒川あゆみです。

秋といえば、秋刀魚、栗、松茸、さつまいも、新米など美味しい食材が増え、ついつい食べ過ぎてしまいますよね。美味しいご飯も食べたいけど、太らないか不安、太りたくない…そう感じている人におすすめの、普段の食事に取り入れやすいダイエット向きヘルシー食品をご紹介します。

【1】栄養バランスがとれる◎「雑穀米」

秋の味覚の一つといえば、新米で炊くつやつやのご飯ですよね。

精製する際に「糠(ぬか)」や「胚芽(はいが)」を取り除くことで、味や食感の良い白米ができますが、同時にビタミンやミネラルなどの栄養素が失われてしまいます。

そんな秋の新米をおいしくヘルシーに楽しむなら、ぜひ「雑穀」を混ぜてご飯を炊いてみてください。ビタミンやミネラルなど栄養バランスが取りやすくなり、食べごたえもアップします。

雑穀ごはんときくと「炊き方が難しいのでは?」と思われる方もいるかもしれませんが、小袋に入った雑穀をいつものお米にまぜて炊くだけなので、とっても簡単。

雑穀にも様々な種類がありますが、黒米(アントシアニン、たんぱく質、ビタミン)、発芽玄米(GABA)、赤米(ビタミンB群)、黒豆(ポリフェノール)、もちきび(ビタミン、ミネラル、食物繊維、亜鉛)、たかきび(ポリフェノール、食物繊維)、ひえ(マグネシウム、ビタミンB6)など豊富な栄養素が摂れて、いろいろな味わいや歯ごたえも楽しめます。

ダイエットで食事量を増やすと、カロリーだけでなくビタミンやミネラルなどの栄養も不足しがち。栄養不足で体調不良になってしまうと、ダイエットの効果が出にくくなります。毎日食べるご飯で上手に栄養補給しながら、ヘルシーなダイエットを継続しましょう!

【2】摂取カロリーをセーブしたいなら「低糖質麺」

手軽で簡単に作れて、ボリュームも味わえるのが「麺料理」。でも麺といえば「小麦」で作られているものが多く、糖質やカロリーが高くなりがち。ダイエット中はなかなか食べづらいですよね…。

蒟蒻効果(グルコマンナン入りパスタ)

「それでも麺が食べたい!」という麺好きさんにおすすめしたいのが、低糖質麺です。

蒟蒻芋(コンニャクイモ)で作られている麺ならカロリーも糖質もセーブ◎ さらに食物繊維が豊富に含まれているので、食べ応えや満腹感も十分あります。蒟蒻の味やブヨブヨした食感もなく、通常のパスタ麺よりもヘルシーで美味しいんですよ。

またた、小麦と卵を使わず「おからパウダー」で作られた「糖質0g麺」もおすすめ。大豆や豆腐を製造する過程で、豆乳を絞った際に残るかすで作られたのが「おから」入り。大豆にはたんぱく質も豊富でヘルシーですよ。

関連記事:

ピックアップ

大人になったからこそ心にしみる。今あらためて読みたい名作3選
大人になったからこそ心にしみる。今あらためて読みたい名作3選
座ったまま簡単!肩甲骨を動かして痩せる「脂肪燃焼エクササイズ」
とろとろ×ピリ辛がおいしい!簡単「半熟卵丼」