知っておきたい「発達障害」の基礎知識

我が子の行動や言動が周りの子たちと極端に違うと感じることが多いと、「もしかしたら発達障害かも」と心配する人もいると思います。最近ではたびたび耳にするようになったこの「発達障害」についてまずはちゃんと知ることからはじめてみましょう。今回は心身障害児総合医療療育センターの小児科医で、自身もADHD(注意欠如多動症)があるという山口直人先生にお話を伺いました。

愛情不足で起こることではありません。

ここ10年くらいで「発達障害」という言葉を聞くことは増えたと思います。よく「発達障害の子どもは増えているんですか?」と聞かれますが、正直なところ我々もわかりません。今までも同様の症状だった人がいたものの、それが診断されていなかったということも考えられるからです。

発達障害の原因についてもまだまだわからないことがたくさんあります。基本的には遺伝的な要素も含めて生まれつきのものです。その後の過ごしてきた環境なども影響する可能性はありますが、いわゆる育て方が原因ではないことは忘れないでください。

発達障害があるがゆえに子ども自身が困っていたり、周囲を困らせたりするような行動をする子どもたちがいますが、かつてはそれを「親の育て方が悪い」「愛情不足だ」とする傾向がありました。これは日本だけでなく世界的にそうだったんです。しかし、あくまで生まれつきの脳の特徴に関係したものなので、愛情不足だから起こったことではありません。

我が子がちょっと周りと違うと感じた時に自分を責めてしまう人がたくさんいます。また、周りの人たちも親のせいにしてしまうことがあります。最低限の知識を持って理解することでその状況は変わるので、繰り返しになりますが、親を責めるようなことはやめましょう。

発達障害の種類はさまざま。

一口に発達障害といっても種類はさまざまです。例えば、いわゆる自閉症と呼ばれる自閉スペクトラム症(ASD)、注意欠如多動症(ADHD)、限局性学習症(LD)などいろいろな種類があります。なぜ、このような種類があるのかというと、脳の特徴がそれぞれ異なり、合わせて子どもの特徴や困りごとが異なるということなのですが、複数の特徴をあわせ持つこともあります。
ただ、その多くは行動面や情緒面、認知機能などの苦手な部分があって、特に集団行動にうまく適応できずに、子ども自身が大きく困ったり、周囲を困らせたりするような行動に繋がってしまうということです。

一方で、偏りはあってもそれぞれに得意なものがある傾向も見られます。例えば、ASDの場合はこだわりが強く、スケジュールを時間通りにきっちりこなす事に執着する傾向があると言われていますが、その分、決められた作業などをひたすら実直にこなすことが得意だったりします。ADHDの場合は他の子が気づきにくいちょっとした変化に気づくことができたり、ハマったものには熱心に取り組んだりする傾向があるので、趣味や研究、勉強にハマったときに高い成果をあげることもあります。

この辺りもあくまで傾向で、一人一人違うので一概には言えませんが、過去の天才と呼ばれる人たちには発達障害の人が多いという話も、もしかするとそうなのかもしれないなと感じます。

関連記事:

ピックアップ

虐待と間違えられることも!? 蒙古斑の基礎知識
赤ちゃんの唇が変形したり、皮がむけているのはなんで?
【1/18週】週間ランキング
布団が命取りになる場合も!?乳幼児、家の中の事故を知ろう