ベビーカーの事故を防ぐためのポイントとは?【子どもの事故防止週間】

ベビーカーの事故を防ぐためのポイントとは?【子どもの事故防止週間】

この記事では、消費者庁の「子どもの事故防止週間」にあわせ、ベビーカーの事故を防ぐためのポイントを紹介しています。「荷物をかけすぎない」「安全ベルトをしっかり締める」「人が多いところには持ち込まない」「駅のホームでは手を離さない」「電車に駆け込まない」の5つです。

消費者庁は、5月21日(月)から5月27日(日)を「子どもの事故防止週間」として、子どもの事故防止を呼びかけています。そこで知っておきたい子どもの事故を防ぐポイントをお伝えしていきます。今回のテーマは「ベビーカー」。ベビーカーの事故を防ぐには、どうしたらいいのでしょうか?

赤ちゃん連れのお出かけには欠かせないベビーカー。でも、ほんのちょっと使い方を誤ると、赤ちゃんに思わぬケガをさせてしまうことがあります。今回は、ベビーカーを使うときの注意点を紹介します。

1)荷物をかけすぎない

赤ちゃんとのお出掛けは荷物がいっぱい。ベビーカーフックをつけ、荷物をかけている人は多いと思います。でも、重たい荷物をかけすぎると、ハンドルから手を離したときに、荷物の重みでベビーカーが後ろにひっくり返ってしまうことがあるので、フックは安全に注意しながら使用しましょう。

2)ベルトを締める

ベビーカーのベルトは、赤ちゃんが嫌がったとしても必ず締めましょう。赤ちゃんが身を乗り出したり、ベビーカーが段差につまずいたりしたときに、頭から転倒して大ケガをしてしまうことがあります。「ちょっとの間だから」と油断してはいけません。

関連記事:

ピックアップ

「なんなんそれ!?」懐かしい…!娘と映画鑑賞中、赤ちゃんのころの名残を発見して萌え♡
<手が出る子>「どうすればいいの…!?」初めて見た息子の姿に困惑。そのワケとは…?
<SNSトラブル>「詐欺!?嘘でしょ!?」SNSにハマりすぎて予想外の展開に…!?
<ヤバい義母>「母さん、異常だ…」パパがついた嘘が原因で義母が思いもよらぬ事態を引き起こし…!?