保育園でお友だちに噛みつかれたらどうする?【ママの体験談】

保育園でお友だちに噛みつかれたらどうする?【ママの体験談】

この記事では、保育園でお友だちに噛まれてしまったり、噛んでしまったりしたときの体験談を紹介しています。1~2歳の子どもには「その場」でしからなければ伝わらないため、あとからしかってもあまり意味がないそうで、ママさんは対応を保育士さんにお任せしたとのことです。

1〜2歳はなぜ噛んでしまうの?

お友だちを噛んだり噛みつかれたりするトラブルは、1〜2歳児のクラスではよく起きています。原因は、1〜2歳の子どもたちがまだ言葉で気持ちを伝えられないこと。言葉で意思疎通ができる年齢なら「おもちゃを取らないで」「私が遊んでいたんだから返して」などと訴えることができますが、まだ言葉をうまく操れないと、悔しくて噛みついてしまうのです。

楽しくて興奮しすぎると噛んでしまう子もいるといいますが、いずれにしても悪気があるわけではなく、これくらいの年齢では成長の過程によくあることだそうです。

家に帰ってからしかるのはNG?

息子がお友だちを噛んでしまったとき、保育士さんからは「噛んでしまったときにしっか注意したので、しからないであげてくださいね」と言われました。

1~2歳の子どもには「その場」で̪しからなければ伝わらないため、あとからしかってもあまり意味がないそうです。噛みつきの頻度だったり状況もあるので一概には言えませんが、保育士さんが「子ども同士のトラブル」という範囲なら、保育士さんにお任せしようと思いました。

子ども同士の噛みつきや引っかきは、それからも園内でたびたびありましたが、年齢が上がり、おしゃべりが上手になるにつれてなくなりました。どちらの立場になっても心配は尽きないと思いますが、保育士さんを信頼して乗り越えていけたらいいですね。

著者:高橋じゅんこ

一児の男の子を育てるワーキングマザー。病気ネタやママ友ネタなど、ペンネームでリアルな体験談を執筆中。

関連記事:

配信元

ベビーカレンダー ロゴ
ベビーカレンダー
『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんの成長に合わせて一人ひとりに必要な情報を、毎日個別にカスタマイズしてお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。 妊娠してから1歳までのお子さまを持つかたに向けて、毎日新しい、役立つ情報をお届けします。 日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。
『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんの成長に合わせて一人ひとりに必要な情報を、毎日個別にカスタマイズしてお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。 妊娠してから1歳までのお子さまを持つかたに向けて、毎日新しい、役立つ情報をお届けします。 日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ピックアップ

「病院へ行こう」泣きわめく私を見て夫がひと言。すがる思いで受診すると…?
<産後ヤバイ話>「ズボンなんかはいてられねぇ!」自らパンイチになり落ち込む…その理由とは?
「やべ…」ママの目の色が豹変し、思わずゾクッ!狙われたパパの行く末は?
「仕方ないだろ」泣いて助けを求めるママに、パパはまさかの反応をし…