妊娠しやすい体づくりのポイントは?

妊娠しやすい体づくりのポイントは?

「いつかママになりたい」という人も、「なかなか妊娠しない…」という人も、妊娠しやすい体の条件についておさらいをしましょう。 「妊活」に関する情報は多々流れていますが、都市伝説のような情報に惑わされず、正しい知識を身に付け […]

「いつかママになりたい」という人も、「なかなか妊娠しない…」という人も、妊娠しやすい体の条件についておさらいをしましょう。
「妊活」に関する情報は多々流れていますが、都市伝説のような情報に惑わされず、正しい知識を身に付けることが大切です。

妊娠しづらい原因は?

一般的に「妊娠を望むカップルが避妊をせずに定期的な性生活を送って、1年間妊娠しない」場合は「不妊症」と定義されています。では、不妊とされる原因にはどのようなものがあるか見ていきましょう。

男女半々に原因が

WHO(世界保健機関)が不妊原因について男女別に調査したところ、女性のみに原因があるのは41%、男性のみは24%、男女共に原因があるケースは24%。つまり、不妊の48%は男性側にも問題があることが分かっています。不妊は女性側に問題があると思われがちですが、そうでないケースが半分も。

不妊の原因

不妊の原因は、主に次の5パターンがあります。中でも排卵因子、卵管因子、男性因子が特に多く、不妊症の3大原因ともいわれています。

1. 分泌・排卵因子
ホルモンバランスの乱れなどから、排卵や着床、妊娠の維持に障害がある状態。
2. 卵管因子
卵管に異常が見られ、卵子や精子が詰まりやすい状態。
3. 子宮因子
子宮に異常が見られ着床しにくい状態。
4. 男性因子
造精機能障害や勃起障害など、男性機能に障害がある状態。
5. その他
子宮内膜症や黄体機能不全など。

検査をしても原因が見つからない場合を「原因不明不妊症」といいます。不妊治療カップルの1割から2割が当てはまるとされますが、これは加齢による卵子や精子の老化などが関係していると考えられています。

妊娠しやすい体の特徴は?

妊娠しやすい体の大前提は「不妊因子」がないことで、他にも次のような特徴が挙げられます。

排卵がきちんとある

生理があっても、排卵が起こっていない場合もあります。基礎体温が生理周期内で低温期と高温期がはっきり2相に分かれていれば排卵が起こっているしるしです。

栄養状態がよいこと

急激なダイエットや、やせ過ぎで栄養が不足すると、生命維持機能が最優先されて生殖機能が後回しにされ、排卵や生理が止まってしまうことがあります。

適正体重であること

やせ過ぎも太り過ぎもNG。やせ過ぎの人はホルモンバランスの乱れから生理不順を招きやすくなります。BMI25以上の太り過ぎの人は排卵障害が多く、妊娠率が低下することも分かっています。
※BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

心身共にストレス過多でないこと

女性ホルモンの分泌を司る脳の視床下部と下垂体は、ストレスの影響を受けやすい器官。心身の過度なストレスは女性ホルモンバランスの乱れを招き、生理不順や排卵障害を引き起こしやすくなります。

関連記事:

ピックアップ

妊娠初期・中期・後期別の起こりやすいトラブルや病気
妊活中に知っておきたい子宮の病気と妊娠への影響
妊娠中期(16~27週)の変化に伴う5つの注意点
生理痛があるのは当たり前……ではない!?