暑い夏になる前に赤ちゃんの水分補給をおさらい!

暑い夏になる前に赤ちゃんの水分補給をおさらい!

離乳食インストラクターの中田馨さんが赤ちゃんの水分補給について教えてくれました。大人が気にかけて水分を与える必要があり、「水分はこまめに飲ませる」「ジュースではなくお茶や湯冷ましにする」「離乳食に汁ものを用意すること」などがポイントとのことです。

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。夜は涼しいけれど、昼間は汗をかくほど暑い日もありますよね。とくにこの時期から、私が気をつけていることは水分補給です。赤ちゃんにはどれだけ水分が必要なのか?これで水分補給は足りているのか?など、気になる方も多いのではないかと思います。今日は、赤ちゃんの水分補給のお話をしたいと思います。

水分が不足するとどうなるの?

水分が不足すると、脱水症状を起こすことがあります。赤ちゃんの身体は小さく、体温調節が未熟です。大人は体内水分量が60%ですが、赤ちゃんは70~80%ととても高く、大人に比べて水分が必要ということになります。

赤ちゃんは自分から水分を「ほしい」と言えないですよね。だからこそ、大人が気にかけて水分を与える必要があります。

脱水症状の見分け方

どんな状態が脱水状態なのか。目安があると分かりやすいですよね。

・機嫌が悪い、元気がない
・顔が赤い
・くちびるが渇いている
・脈が弱い
・発熱している

などなど。いつもと赤ちゃんの様子が違うときは注意してください。

関連記事:

ピックアップ

「なぎさ」ちゃんが大人気!夏生まれの女の子に人気の「夏ネーム」は?<赤ちゃんの名前>
「が・わ・い・いー!」赤ちゃんと感動の初対面!夫婦でボロボロ涙をこぼして
<ヤバい義母>「約束したのに…」ママとパパに来てほしい。息子の訴えに夫がまさかの…
「愛犬が亡くなったショックで…」次々に体を襲う異変に戸惑い…【体験談】