暑い夏になる前に赤ちゃんの水分補給をおさらい!

暑い夏になる前に赤ちゃんの水分補給をおさらい!

離乳食インストラクターの中田馨さんが赤ちゃんの水分補給について教えてくれました。大人が気にかけて水分を与える必要があり、「水分はこまめに飲ませる」「ジュースではなくお茶や湯冷ましにする」「離乳食に汁ものを用意すること」などがポイントとのことです。

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。夜は涼しいけれど、昼間は汗をかくほど暑い日もありますよね。とくにこの時期から、私が気をつけていることは水分補給です。赤ちゃんにはどれだけ水分が必要なのか?これで水分補給は足りているのか?など、気になる方も多いのではないかと思います。今日は、赤ちゃんの水分補給のお話をしたいと思います。

水分が不足するとどうなるの?

水分が不足すると、脱水症状を起こすことがあります。赤ちゃんの身体は小さく、体温調節が未熟です。大人は体内水分量が60%ですが、赤ちゃんは70~80%ととても高く、大人に比べて水分が必要ということになります。

赤ちゃんは自分から水分を「ほしい」と言えないですよね。だからこそ、大人が気にかけて水分を与える必要があります。

脱水症状の見分け方

どんな状態が脱水状態なのか。目安があると分かりやすいですよね。

・機嫌が悪い、元気がない
・顔が赤い
・くちびるが渇いている
・脈が弱い
・発熱している

などなど。いつもと赤ちゃんの様子が違うときは注意してください。

関連記事:

ピックアップ

<育児日記>「もう、どうにでもなれ!」まったく寝ない息子に対して、母がとった意外な行動とは!
「俺、洗濯物やるね」夫が家事をするのは育児から逃げたいとき。娘のお世話を避ける夫に、妻は?
「生理が原因!?」美容メンテがうまくいかなかった理由にビックリ!
「出費は折半で」子育てママへの配慮は一切なし?離婚を考えるほどの彼からの要求