暑い夏になる前に赤ちゃんの水分補給をおさらい!

暑い夏になる前に赤ちゃんの水分補給をおさらい!

離乳食インストラクターの中田馨さんが赤ちゃんの水分補給について教えてくれました。大人が気にかけて水分を与える必要があり、「水分はこまめに飲ませる」「ジュースではなくお茶や湯冷ましにする」「離乳食に汁ものを用意すること」などがポイントとのことです。

水分補給を心がけよう

赤ちゃんに水分補給をするのには心がけたいことがあります。

水分はこまめに飲ませる

水分はこまめに飲ませるようにします。授乳の時間や、朝、昼、夜の離乳食以外にも、水分を飲みましょう。たとえばお外遊びの時、お昼寝から起きたとき、お風呂上りに。ママのルールを決めてもいいですね。

ジュースではなくお茶や湯冷ましにする

水分は、お茶か湯冷ましをおすすめしています。ジュースやイオン水は、甘いので飲ませないようにしましょう。

一回の目安量

どれくらいの量が適量なのかって、なかなか分からないですよね。目安として、0~5カ月なら1回20~30ml、6~11カ月で30~50mlを目安にしてみてくださいね。

食事の前は大量に与えない

食事前にたくさん水分を飲んでしまうと、おなかがいっぱいになってご飯をあまり食べてくれないことがあります。飲むとしても少量を心がけましょうね。

離乳食に汁ものを用意する

離乳食に汁ものを用意すると、自然と水分を身体に入れることができますね。ご飯(おかゆ)にも、水分が多く含まれています。

暑い夏。赤ちゃんだけでなくママも水分はしっかりと取るようにしてくださいね。とくに、授乳中のママはふだんの夏以上に水分をとるよう心がけてください。

著者:離乳食インストラクター協会代表理事 中田馨

保育士で家庭的保育所経営。一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表。関東と関西中心に、離乳食インストラクター養成講座やママ向けに離乳食講義・料理教室を開催中。「かおりの“和の離乳食レシピ”blog」では1500以上の離乳食レシピを掲載中。

関連記事:

配信元

ベビーカレンダー ロゴ
ベビーカレンダー
『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんの成長に合わせて一人ひとりに必要な情報を、毎日個別にカスタマイズしてお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。 妊娠してから1歳までのお子さまを持つかたに向けて、毎日新しい、役立つ情報をお届けします。 日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。
『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんの成長に合わせて一人ひとりに必要な情報を、毎日個別にカスタマイズしてお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。 妊娠してから1歳までのお子さまを持つかたに向けて、毎日新しい、役立つ情報をお届けします。 日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ピックアップ

<SNSトラブル>「心がバラバラなの!」涙ながらに妻が夫に予想外の懇願。すると夫がまさかの…!?
実は、赤ちゃんに「麦茶は不要」です!夏の水分補給について3児ママ小児科医が解説!
「俺、もう疲れた」大きな事故を起こした彼。事情を聞いてみると…
超人見知りな長男。「これって私のせい!?」落ち込む私がママ友に相談すると、納得の返答が…!