一石二鳥!?抱っこひもは子どもに背負ってもらっちゃおう♪

一石二鳥!?抱っこひもは子どもに背負ってもらっちゃおう♪

この記事では、お出かけの荷物に関するある工夫をママさんが教えてくれました。それは1歳5カ月の息子さんに抱っこひもを背負ってもらうこと。親の荷物が減るうえに、後ろに転んだときのクッション代わりにもなって一石二鳥だったそうです。

今、1歳5カ月の息子は歩きたい盛り。練習にもなるので、近所への買い物は手を繋いで歩いて行っています。ただ、歩き続ける体力がまだないので、帰りは抱っこひもが必要です。そこで、抱っこひもは息子に自分で持ってもらうことにしました。

抱っこひもを背負わせちゃおう♪

まず、抱っこひもを収納するためのカバーを作ることに。着なくなったマタニティウェアのスカート部分の布と、100均で購入したマジックテープ、スナップボタンなどを使って作りました。調べてみると作り方がいくつも見つかるので、自分が作りやすい方法を参考にしてくださいね。

そして、収納カバーに入れた抱っこひものベルト部分を短く調節して、息子の背中に斜めがけにします。

旅装束のような散歩姿はユーモラス

抱っこひもはかさばるので、1歳児が背負うとかなり大きく見えるのですが、そこまで重くはないので、息子もふだん通りスタスタと歩いています。

大きい荷物を背中に斜めがけにした姿は、風呂敷で荷物を背負った旅装束のようで、とてもユーモラスです。ときには、通りがかりの方から、「坊や、なにを背負ってるの?」と声をかけられることもありますよ。

関連記事:

ピックアップ

「生理前のイライラ、血糖値が原因かも?」コンビニおやつでイライラ撃退!
「痛くなかったんですか!?」医師に言われて驚き!もう生まれる!?想像と違った私の出産体験談
<手が出る子>「もう一度、しっかり息子と向き合おう」そう決心した母親は…
<SNSトラブル>「ヤバッ!」娘を放置してSNSに夢中に。夫の帰宅で焦った妻はあり得ない行動に…