一石二鳥!?抱っこひもは子どもに背負ってもらっちゃおう♪

一石二鳥!?抱っこひもは子どもに背負ってもらっちゃおう♪

この記事では、お出かけの荷物に関するある工夫をママさんが教えてくれました。それは1歳5カ月の息子さんに抱っこひもを背負ってもらうこと。親の荷物が減るうえに、後ろに転んだときのクッション代わりにもなって一石二鳥だったそうです。

子どもに背負ってもらうメリットは?

いちばんのメリットは親の荷物が減ることです。ふだんのママバッグに加えて、子どもの手を引かなければならないので、そこに加えて抱っこひもを持ち歩くのは意外と負担でした。ですから、わが子に自分で持ってもらえてとても楽になりました。

また、意外なメリットだったのは、わが子が後ろに転んだときにクッション代わりになり、後頭部を守ってくれるという点でした。

抱っこひもを背負ってテクテクと歩く愛らしい姿も期間限定の楽しみです。しっかりと手を引いて安全に気を付けて、一緒にお散歩したいと思っています。

著者:石川ゆり

一児の母。 食品メーカーにて、営業・広告・マーケティング・商品企画などを経て、妊娠・出産を機に退職し、現在は専業主婦。 家事や子育てのかたわら、自身の体験をもとに妊娠・出産・子育てに関する体験談を中心に執筆中。

関連記事:

配信元

ベビーカレンダー ロゴ
ベビーカレンダー
『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんの成長に合わせて一人ひとりに必要な情報を、毎日個別にカスタマイズしてお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。 妊娠してから1歳までのお子さまを持つかたに向けて、毎日新しい、役立つ情報をお届けします。 日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。
『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんの成長に合わせて一人ひとりに必要な情報を、毎日個別にカスタマイズしてお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。 妊娠してから1歳までのお子さまを持つかたに向けて、毎日新しい、役立つ情報をお届けします。 日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ピックアップ

「また失敗か…」毎日続くおねしょで膨大な洗濯物。疲弊してママ友に相談すると、目から鱗の返答が…!
<ママ友の勧誘>「どうせ暇なんでしょ?」強引に家に乱入!図々しい態度でソファに座り込み…?
「女の子なのに」はプレッシャーだった?お友だちの前で娘の好みを尊重してあげられず…
<ヤバイ義従姉>「あれ?他の人は?」玄関を開けると義従姉だけ。義従姉の考えたあり得ない企みとは…