たった10分の差で大違い! 朝、子どもをギリギリまで寝かせてみました

たった10分の差で大違い! 朝、子どもをギリギリまで寝かせてみました

仕事の始まりと同時に保育所生活も始まったママ。朝はせわしなく心の余裕をなくし、お子さんにキツくあたってしまうことも……。そこで、お子さんの睡眠を見直したところ、いろいろなことがスムーズに進むようになったそうです。

子どもが1歳4カ月のとき、私が仕事を始めるのと同時に子どもは保育所へ通い始めました。制限時間とタスクができたことでわが家の朝の様子は一変。ただでさえせわしない朝に、子どもの機嫌が悪いと事が進みません。時間に追われ私の気持ちに余裕がなくなり、子どもにキツく当たることも……。これでは子どもにとっても私にとっても、周りの家族にとってもよくないと考え、子どもの睡眠や朝の作業を見直してみました。

大人に合わせた時間で起こしていました

朝食や片付け、着替え、自分と子どもの分の荷物の準備をするためには、家を出る1時間半前には子どもを起こさなければならないと考えていました。しかし子どもを起こすとたいがい機嫌が悪く、なかなか食卓につきません。やっと食卓についたと思っても、今度は食事を食べません。


朝食を食べさせずに保育所に行くという選択肢は私にはなく、けれどうまく食べさせることもできず……。食事も支度も進まないのに時間ばかりが過ぎてゆき、私のイライラと子どもの不機嫌が重なりひどい雰囲気の食卓でした。

子どもが自分で起きるまで待つことに

子どもには気持ちよく食卓についてもらいたい。そのために私がしたのは、朝の作業の見直しと入れ替えです。具体的には、子どもが自分で起きてくるまで待つことと、子どもが起きるまでに自分の身支度や出かける準備を先に済ませるようにしました。


いざやってみると、意外なことに子どもはそれまでよりも10〜15分長く寝ていただけで自分で起きてくるのです。スッキリと目覚めるので、寝起きから元気いっぱい。その姿を見るだけでも私の心は穏やかになりました。

関連記事:

ピックアップ

〈国際結婚〉「脳内お花畑状態!」海外に嫁ぐ…その重大さに気づかず…
「寝ようか?」の声かけは実はNG!?現役保育士が教える子どものお昼寝のやりがちNGとは?
「もっと俺を見て!」仕事に没頭する夫。家庭をおざなりにして、自分のことしか考えられなくなって
「重いんだよね」突然の言葉にショック!大好きな彼と別れることになってしまった私は…