【専門家監修】母乳育児で義母たちがストレスに!そんなときのかかわり方

【専門家監修】母乳育児で義母たちがストレスに!そんなときのかかわり方

この記事では、授乳中のママがストレスに感じることもある人たち、主に助産師、となりで授乳しているママ、夫・母・義母などの周りの人たちとのかかわり方について紹介しています。

母乳育児をしていきたいと考えているママ、努力しているママのなかには、周りの人たちからストレスを受けてしまうことがあるようです。今回は、母乳育児中、ママがストレスに感じることもある人たちとのかかわり方についてお話ししたいと思います。

助産師

出産後、母乳育児推進に取り組んでいる産院では、出産後早期から、母児同室や授乳がはじまります。

助産師は、母乳の分泌を促がすために、赤ちゃんにおっぱいを吸わせることから始めます。出産の疲れも十分に癒えないまま、12時間おきの授乳。睡眠不足になるのはもちろんのこと、うまく授乳できなかったりして、ママも疲れてしまいます。

ここでママの思いと助産師の思いがすれ違ってしまうと、助産師の熱心な指導もママにとってはストレスになってしまうことも。どうしてもつらいときには、赤ちゃんをいったん預かってもらうこともできますし、授乳方針を再度相談することもできます。助産師に相談しながら、母乳育児をすすめていきましょう。

となりで授乳しているママ

入院中、授乳室にママが集まって授乳するという産院も多いかと思います。隣のママを見てみると、とってもスムーズでおっぱいもよく飲んでいる……。どうして自分はうまくできないんだろう、授乳室に行きたくないと思ってしまうママも。

個室では、周りの人たちに気兼ねなく授乳できるというメリットもあります。ですが、初産婦さんこそ、授乳室で授乳をしてほしいと思います。ほかのママと交流することで、いろいろな情報を得たり、先輩ママの経験を聞くことができる絶好のチャンス。今、とってもスムーズに赤ちゃんのお世話をしているママも、うまくできないと思っているママと同じような道を歩んできているのではないかと思いますよ。

関連記事:

ピックアップ

「君、ついてるぞ!」えぇっ!?仕事中、男性に突然呼び止められて…
やる気満々で手作りスタイを準備!実際にわが子が生まれると予想外の展開に!?【体験談】
「大きい病院へ!」レバーのようなドロッと経血が!判明したのはまさかの
第1回「ママ・パパ川柳コンテスト」受賞作品発表!テレワーク・全集中・うっせぇわ・ピクトグラム…トレンド感満載!?