私の生理の量は多い?少ない?経血量について解説します

私の生理の量は多い?少ない?経血量について解説します

「生理は痛くてつらいもの」と思い込んでいると、その裏に潜む病気を見落とすことがあります。正常な生理とはどんなものでしょうか。今回は生理時の出血量(経血量)についてお話しします。 正常な経血量はどれくらい? 日本の生理用ナ […]

生理周期もチェックしてみましょう

生理痛が重い、経血が多いといった症状は実生活に影響を及ぼしやすいため、「対処しなければ」と病院を訪れる人がまだ多い一方で、「周期」に関する月経異常は非常に見過ごされやすいものです。

3週間に1度、2カ月に1度のサイクルでもある程度規則的なら、「これが私のリズム」と思い、特に問題だと感じていない傾向があります。しかし、正常な生理とは、25日から38日周期を繰り返すもの。次に、周期の乱れと考えられる原因を挙げます。

生理周期の乱れから考えられる原因
24日以内に1度のサイクル

【頻発月経】黄体機能や甲状腺機能の異常、無排卵 など

39日から90日に1度のサイクル

【希発月経】多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)、甲状腺機能の異常、精神科の疾患、無排卵 など

3カ月以上、生理が来ない

【続発性無月経】妊娠、甲状腺機能の異常、精神科の疾患 など

思春期、または更年期には生理のサイクルが一定しないものですが、その年代を除いて上記のようなサイクルで生理がくるのであれば、病院で診察してもらいましょう。

関連記事:
生理周期の数え方って?長い・短いの基準と心と体の変化を解説します

生理の異常が気になる場合はホルモン値のチェックを

特に近い将来の妊娠を希望している人は、ホルモンバランスが崩れ、生理の異常が見られるとなると、スムーズな妊娠が難しくなるかもしれません。「生理があるから、私は排卵している」と思いがちですが、現実に排卵がなくても生理は起きます。

妊活を始めるときはまず医師に相談して隠れた病気がないか、ホルモン値に異常がないかチェックすることをオススメしますが、こうして生理の異常がある人は特にそうしたほうがいいでしょう。治療が必要となることもあるので、それに気づかないままの妊活スタートは結果的に時間のロスにつながります。中には婦人科系ではない病気もありますが、該当する科を紹介してもらい適切な治療を先に受けることが、結果的には近道となります。

関連記事:

ピックアップ

妊娠初期・中期・後期別の起こりやすいトラブルや病気
妊活中に知っておきたい子宮の病気と妊娠への影響
妊娠中期(16~27週)の変化に伴う5つの注意点
生理痛があるのは当たり前……ではない!?