いらない…が言えない!義母が送ってくる大量の子ども服がストレスで…

いらない…が言えない!義母が送ってくる大量の子ども服がストレスで…

孫かわいさに子ども服を大量に送ってくれるお義母さんの行動にストレスを感じてしまった新米ママの体験談です。口ではお礼を言いつつも、なぜかいつもモヤモヤした気分だったようです。

娘が小さいころ、義母はよく洋服を買って送ってくれていました。私は受け取るとまず娘に着せて写真を撮り、「いつもありがとうございます」とお礼のメールをしていました。でも肝心の「もう結構です」のひと言が言えず、いつもモヤモヤ。今では笑い話なのですが、新米ママでもあった当時は本当にストレスを感じていたのです……。

とにかく量が多い!

義母が「服を送る」という場合、靴下4足、タイツ2足、セーター3着、スカート4着、コート1着という「福袋?」とツッコミたくなるほどの量で送ってきます。しかもサイズはいつも大きめ。「ジャストサイズになってきたかな?」というころには季節が変わり、まったく袖を通す機会がないこともよくありました。


「かわいい服を見るとつい買っちゃうのよ」という義母の気持ちはわかるのですが、季節とサイズの合ったワンピースを1枚だけ送ってくれるほうがよっぽどありがたいのに……といつも思っていました。

フリル尽くしの服が多くて…

普段はシックな色合いを好み、センスのよい義母なのですが、孫の服となると話が違うようでした。色味も柄も私ならば決して選ばないようなインパクトの強いものばかり。特にフリルにこだわりがあるのか、ありとあらゆるものがフリル付きでした。


スカートはもちろん、靴下の履き口、Tシャツの裾や襟ぐりにいたるまでフリル尽くし。当時の娘はこんがりと日焼けしていて、髪も短くお世辞にもフリルが似合う見た目ではなかったのですが、きっと義母には違うように映っていたのでしょう。

関連記事:

ピックアップ

【マクドナルド】やらなきゃ損!ハッピーセットのリラックマ、大人買い続出!今だけお得な注文テクも♡
「ちょ…そのコーデだけは…」お着換えイヤイヤには4タイプ!保育士が伝授するかわしワザとは…?
「なんなんそれ!?」懐かしい…!娘と映画鑑賞中、赤ちゃんのころの名残を発見して萌え♡
<手が出る子>「どうすればいいの…!?」初めて見た息子の姿に困惑。そのワケとは…?