赤ちゃんの吸う力が強くて乳首が痛いはうそ!?実はこんな原因が…

赤ちゃんの吸う力が強くて乳首が痛いはうそ!?実はこんな原因が…

助産院ばぶばぶのHISAKOさんが乳頭トラブルについてお話しします。赤ちゃんの吸う力が強くて乳首が痛いというママがいますが、本当にそうなのでしょうか。乳頭が痛いのは、赤ちゃんの吸引圧の問題ではなくて、浅飲み、潰し飲み、歪め飲みなどの原因。要するに『正しい吸い付き』ができていないからです。

こんにちは、助産院ばぶばぶのHISAKOです。「赤ちゃんの吸う力が強すぎて、乳頭に傷ができてしまい、痛いんです!」そう訴えて助産院ばぶばぶに駆け込んでこられるママがいます。

乳頭のトラブルは、果たして本当に赤ちゃんの『吸う力』の問題なのでしょうか? 今回は、乳頭トラブルについてお伝えします。

生まれてまもない赤ちゃんの吸う力

生まれて間もない赤ちゃんは体力がありません。また、ほっぺの筋肉も未発達なので、それほど上手には飲めません。彼らは舌で乳頭・乳輪を巻きつけ、お口の中を真空状態にします。そして舌をのどの奥から手前に向かって波打たせながら器用におっぱいを飲みます。

でも実は、赤ちゃんの月齢、出生時の状態、体重、舌の長さ、おっぱいに対する執着度などの個性が影響して、テクニックの上手い下手はあれど、「吸う力」を比較すると、どの子も「吸う力」の強さには大差はないように思います。

正しい吸い付きができていないのかも

赤ちゃんが体重5,000gを超えるぐらいからしっかり飲めるようになるといわれるのは、吸引圧が上がるという意味ではなく、体力がついて、すぐにはヘタばらなくなることや、舌の巻きつけが上手になって、有効な吸い付きができるようになるということを示します。

つまり、「吸う力が強すぎて痛い!」というのはちょっと違うんですよね。乳頭が痛いのは、赤ちゃんの吸引圧の問題ではなくて、浅飲み、潰し飲み、歪め飲みなどの原因。要するに『正しい吸い付き』ができていないからです。

関連記事:

ピックアップ

<金銭トラブル>「会社辞めた」100万円振り込んだのに連絡がない…!?不安の中、夫がまさかの…
夏にやりがちなNG!保育士が実は困っている保護者の対応をチェック!子どもたちの夏を快適に♪
<ヤバ過ぎる義母>「料理はお任せするわ、でも…」義母のわがまますぎる要望に嫁がとった行動は…
「誰!?」デート現場に現れた超絶イケメン。正体はなんと…