卵子の老化は検査でわかる?男性の不妊は少ない?妊活の正しい知識を身につけよう

卵子の老化は検査でわかる?男性の不妊は少ない?妊活の正しい知識を身につけよう

女性の一生において生理が始まる年齢、もしくは閉経を迎える年齢には、人によっても数年ほどの差しかありませんが、妊娠、出産をいつ経験するかは実にバラバラで、10年、あるいは20年の差が出ます。ライフスタイルの多様化により、1 […]

女性の一生において生理が始まる年齢、もしくは閉経を迎える年齢には、人によっても数年ほどの差しかありませんが、妊娠、出産をいつ経験するかは実にバラバラで、10年、あるいは20年の差が出ます。ライフスタイルの多様化により、10代で出産する女性もいれば40代で妊娠を望む女性もいるのが、今の日本社会です。

身体面から見た出産適齢期は、20代前半から30代前半といわれています。けれど、20代女性の妊娠率も30%前後。思ったより低いと感じられるのではないでしょうか?
ということは、すでに子どもに恵まれている人の中にも「欲しいけど、できない」時期を経験した人が多くいるということです。正しい知識を身につけ、自分を追い込まない…。これが妊活の鉄則。そのために、なにが正しい情報かを一緒に考えてみましょう。

卵子は若返らせることができる?

答えは「NO」です

「卵子の老化」……35歳を過ぎると卵子が徐々に老化して妊娠しにくくなるということが知られて以来、この先自分は子どもを持てるのだろうかと不安に思う女性が増えました。
けれど、日頃から美容に気を遣い若々しさに磨きをかけているからこそ、「卵子が老化する」といわれてもピンとこない……という女性もいるかもしれません。

そこで出てくるのが「卵子を若返らせたい!」という願望です。アンチエイジングのエステを受けるような感覚で、卵子の時間も巻き戻せるのではないか、と考えてしまいそうですね。
これについては、世界中で研究がされていますが現在のところ実用化の目処は立っていません。時々、「卵子が若返るサプリ」といったものが販売されているのを見かけますが、全く根拠のないものなので手を出さないほうが賢明です。

卵子の時間を巻き戻すことはできませんが、止めておくことはできます。「卵子凍結保存」といって、若いうちに卵子を採卵し、それを凍結保存しておくという方法です。
例えば25歳で卵子を凍結し、36歳で妊娠できる状況になったら、それを解凍してパートナーの精子と受精させ、女性の胎内に戻します。ただし、その卵子が確実に受精卵となり妊娠・出産に至るかどうかは誰にも分からないですし、卵子が若くとも、子宮の年齢は止めることはできません。「卵子凍結をしたから…」と言って、安心しないようにしましょう。

卵子が老化しているかどうか調べられる?

答えは「NO」です

妊娠についてネットでいろいろと情報を集めた経験があるなら、きっと“卵巣年齢”という言葉を見かけたことがあるでしょう。

妊活として行うホルモン検査にはいくつかの種類がありますが、AMH(アンチミューラリアンホルモン)の測定もそのひとつ。不妊治療のために行う最初のホルモン検査に組み込まれていることがありますが、婦人科の定期検診のついでなどにお願いすれば、測ってもらうことはできます。
これによって分かるのは、卵巣にどれだけ卵子が残っているかということ。数値が高いほどその数が多く、卵巣年齢が“若い”ということになりますが、その結果だけで「妊娠しやすい!」と喜ぶことはできません。

というのも、数値はあくまで“数”であって、卵子の“質”ではないからです。極端なことをいえば、質の悪い卵子がたくさんあっても妊娠にはつながらない一方で、たった1個でも質のいい卵子があれば妊娠するかもしれないのです。あくまで参考程度に留めておきましょう。

関連記事:
卵巣年齢(AMH)はそれほど重要ではない

関連記事:

ピックアップ

妊娠初期・中期・後期別の起こりやすいトラブルや病気
妊活中に知っておきたい子宮の病気と妊娠への影響
妊娠中期(16~27週)の変化に伴う5つの注意点
生理痛があるのは当たり前……ではない!?