卵子の老化は検査でわかる?男性の不妊は少ない?妊活の正しい知識を身につけよう

卵子の老化は検査でわかる?男性の不妊は少ない?妊活の正しい知識を身につけよう

女性の一生において生理が始まる年齢、もしくは閉経を迎える年齢には、人によっても数年ほどの差しかありませんが、妊娠、出産をいつ経験するかは実にバラバラで、10年、あるいは20年の差が出ます。ライフスタイルの多様化により、1 […]

男性の不妊は少ないの?

答えは「NO」です

WHO(世界保健機関)の調査によると、不妊に悩むカップルのうち女性のみに原因があるケースは全体の41%、男性のみは24%、男女共に原因があるケースは24%。つまり、不妊の48%は男性側にも問題があることが分かっています。男性不妊が必ずしも少ないとはいえないことがお分かりいただけるでしょう。

不妊の原因

女性について「生理があれば、妊娠可能」と勘違いされやすいように、男性についても「射精していれば、妊娠させることができる」という誤解があります。問題は射精そのものではなく、精子の数、動き、状態です。これは病院で検査を受けなければ分かりません。

しかし悲しいことに、不妊検査にもその後の治療にも積極的でない男性が多いのは事実です。不妊治療は夫婦そろっての受診が基本ですが、なかには男性が居心地の悪さを感じるところもあります。男性不妊専門のクリニックや男性不妊を扱う泌尿器科も近年は増えてきていますから、そのような医療機関を探して提案してもいいでしょう。

これは女性にもいえることですが、不妊治療を受けているうちに“子どもを持つ”ことへの考えが変わってくるかもしれません。その都度その都度コミュニケーションを重ね、お互いに無理のないペースを保っていくといいでしょう。気持ちを押し殺してストレスを抱えるようでは、卵子にも精子にもいい影響を与えませんから。

妊活を辞めた時に妊娠した、という声もよく聞きます。子どもを望む強い気持ちは分かりますが、頭と気持ちがそれだけになってしまうと、何より自分自身がつらくなります。ウソの情報に惑わされるのは、さらに余裕を失う結果になるので、くれぐれもご注意を!

関連記事:

配信元

カラダのキモチ
カラダのキモチ
ドコモ・ヘルスケアがお送りするカラダのキモチコラム。女性のライフステージに合わせて、女性ホルモン、基礎体温、妊活などの情報や、ダイエットや冷え対策など日常生活で役立つ情報をお届けしています。
ドコモ・ヘルスケアがお送りするカラダのキモチコラム。女性のライフステージに合わせて、女性ホルモン、基礎体温、妊活などの情報や、ダイエットや冷え対策など日常生活で役立つ情報をお届けしています。

ピックアップ

妊娠初期・中期・後期別の起こりやすいトラブルや病気
妊活中に知っておきたい子宮の病気と妊娠への影響
妊娠中期(16~27週)の変化に伴う5つの注意点
生理痛があるのは当たり前……ではない!?