生後0カ月、授乳後に泣く理由は〇〇だった!【ママの体験談】

生後0カ月、授乳後に泣く理由は〇〇だった!【ママの体験談】

この記事では、赤ちゃんが授乳後に泣くようになったころのママの体験談を紹介しています。助産師さんに相談をしたところ「飲みすぎ」であることが判明したそうです。

わが子が生後0カ月のとき、混合育児をしていました。おっぱいを飲ませたあとにミルクを足す方法です。ところが、わが子は授乳が終わったあとに泣くことが増え、ミルクが足りていないのかと不安になりました。今回は、わが子が授乳後に泣いていた理由についてお伝えします。

本当にミルクが足りないの?


母乳育児を目指していた私は、定期的に母乳外来を訪れていました。わが子の体重の増えを確認し、助産師さんからミルクの足す量を教えてもらいます。


そのときは、母乳を飲ませたあとにミルクを40ml飲ませていました。授乳を終えると満足そうにしていたわが子ですが、あるときから授乳後に泣くことが増えてきたんです。排泄は1日におしっこ10回以上、うんちも5回以上。排泄の様子を見る限り、ミルクが足りないとは思えないけれど……と気がかりでした。

吐き戻しても飲みたがってる!?


当時、私は里帰り中で、授乳後に泣くわが子を見て、両親がミルクを作って持ってきてくれました。恐るおそるミルクを20ml足してみましたが、やはり泣き止みません。さらにげっぷをさせると、タラーっとミルクを出します。寝つきも悪くなっています。


両親は、「泣くのなら、もっとミルクを与えたら?」と言ってくるのですが、泣いている理由が本当にミルクなのかと、さらに疑問に思うようになりました。

関連記事:

ピックアップ

「ママいなくて大丈夫?」もうすぐ幼稚園。娘の答えに涙腺崩壊…!
「今日も怒ってしまった…」むやみに子どもを怒る前に考えたいこととは?
「もっと一緒にいたい…」初デートで遅い時間になって…/相席施設で運命の人
やりがちだけどNG。保育士が実は困っている家での食事のこととは?