妊娠週数の数え方と週数による体の変化やケア方法を知ろう

妊娠週数の数え方と週数による体の変化やケア方法を知ろう

妊娠0週0日目は、いつか知っていますか?妊娠週数を正しく知るために、妊娠週数の計算方法と、週数によるママの体の変化やケア方法を紹介します。 妊娠週数の数え方は? 昔から、十月十日(とつきとおか)といわれるように、妊娠期間 […]

妊娠0週0日目は、いつか知っていますか?妊娠週数を正しく知るために、妊娠週数の計算方法と、週数によるママの体の変化やケア方法を紹介します。

妊娠週数の数え方は?

昔から、十月十日(とつきとおか)といわれるように、妊娠期間はおよそ10カ月間です。妊娠週数とは、妊娠から出産までの期間を7日間(1週)で区切り計算したもので、最終月経開始日から280日後の妊娠40週0日が出産予定日となります。

最後に来た生理の初日が妊娠0週0日目

週数を計算する上で迷ってしまうのが、どこから数え始めるのかということ。性交渉をした日や受精した日と考える人も多くみられますが、実際には最終月経開始日からになります。
WHO(世界保健機関)による受精から出産までの日数に関する調査では、妊娠期間の平均は280日±15日。この結果を受けて、妊娠の正常持続日数は最終月経開始日から280日、1カ月は28日間、1週は7日間という指針が定められました。

妊娠週数を計算してみよう

最後の生理が始まった日が妊娠0日となり、妊娠0日から6日が妊娠0週、妊娠7日から13日が妊娠1週と数えていきます。
仮に、1月1日を最終月経開始日とした場合を以下に記載します。
1日から7日が、0週の0日から6日、1月8日から14日が1週の0日から6日…と続いていきます。ただし、この計算は、生理周期が28日であることを基準にしているため、生理周期が異なる人の場合は誤差が生じます。

妊娠週数の計算例

月日
妊娠週数

1月1日
★最終月経開始日
妊娠0週0日

1月7日
妊娠0週6日

1月8日
妊娠1週0日

1月14日
妊娠1週6日

1月15日
妊娠2週0日

次の章からは、妊娠週数ごとの母体の状態とケア方法を紹介します。

妊娠初期(妊娠4週から15週)の体の状態とケア方法

生理が遅れたら、まずは基礎体温をチェックしてみましょう。生理が遅れ、高温期が19日以上続いている状態なら、妊娠の可能性も考えられます。
まずは、市販の妊娠検査薬で調べてみましょう。妊娠検査薬は、妊娠すると分泌されるホルモンが出ているかどうかを尿をかけて調べるもので、ホルモンが増える妊娠3週後半から反応が出るようです。
それ以前に検査しても陰性となることもあるので、反応が出ない場合は1週間後くらいに再チャレンジを。また、尿が蒸発すると反応が出ることもあるため、陰性であっても乾くまで少し待ってみることをおすすめします。

妊娠検査薬で陽性反応が出たら、病院へ行きましょう。ただし、超音波検査で確認できるのは、赤ちゃんを包んでいる袋のような胎嚢(たいのう)が2mm以上になってから。また、超音波検査で赤ちゃんが見えても、妊娠の確定を行うのは心拍が確認できてからになります。あまり早く行っても確認ができませんので、妊娠5週目頃を目安にするといいでしょう。

妊娠初期の体の状態
つわり

妊娠4週から6週くらいに始まり、一般的には12週頃には落ち着いてきますが、中には全くないという人や出産まで続く人など個人差があります。

便秘

妊娠初期の便秘は、黄体ホルモンが腸の働きも抑えてしまうため起こりやすくなります。

イライラ、涙もろい、眠気など

マイナートラブルの症状や重さは人それぞれですが、これも体の中で妊娠の準備が着々と進められている証拠なので、無理をせず過ごしましょう。

妊娠初期の体のケア

妊娠が分かったら、食生活を見直すチャンスでもあります。なるべく、主食(炭水化物)・主菜(肉や魚等のタンパク質)・副菜(野菜のおかず。市販品でもOK)をそろえ、バランスよい食生活を。その上で、以下のようなポイントも意識しましょう。

葉酸を摂るようにする

葉酸は、赤ちゃんの細胞分裂に重要な役割を果たし、先天性障害を防ぐ上で大切です。ブロッコリーやほうれん草など葉物野菜に多く含まれます。1日の推奨摂取量は400μg。妊娠3カ月までは意識的に摂取しましょう。取りにくい場合は、サプリメントでもOKです。

つわり対策にはショウガエキスがおすすめ

オーストラリアの大学で行われた臨床試験では、ショウガを摂ることで、妊娠初期に起こるつわりの軽減効果が確認されたといいます(※)。試験で使われたショウガは乾燥粉末で1日分1g、すりおろしショウガ小さじ1杯相当です。妊娠前から摂っていると、つわりが軽くなるともいわれています。
※出典 A Randomized Controlled Trial of Ginger to Treat Nausea and Vomiting in Pregnancy

水銀を多く含む魚は控える

キンメダイやメカジキ・クロマグロ(本マグロ)などの、水銀が比較的多く含まれているといわれる魚は、妊娠中は週に1回程度にしましょう。

無殺菌の乳製品や生肉などは避けるのが無難

これらの食品には、トキソプラズマやリステリア菌に感染するリスクがあります。感染すると、流産や早産などの恐れも。刺身や生ガキなども食中毒のリスクがあるので、避けた方が無難です。

関連記事:

ピックアップ

妊娠初期・中期・後期別の起こりやすいトラブルや病気
妊活中に知っておきたい子宮の病気と妊娠への影響
妊娠中期(16~27週)の変化に伴う5つの注意点
生理痛があるのは当たり前……ではない!?