つみたてNISAはどこで買う? 金融機関の選び方

つみたてNISAはどこで買う? 金融機関の選び方


「つみたてNISA」を利用するには、どこかの金融機関でNISA専用口座を開設する必要があります。

口座を開設できる金融機関は、証券会社(ネット証券を含む)、銀行、信用金庫、投資信託を直売している運用会社などです。

ただし、開設できるのは一人一口座のみ。
つまり1つの金融機関に絞らなくてはいけません。変更は可能ですが、1年に一度に限りですし、一度でも口座を利用するとその年は金融機関を変更できなくなります。

ですから、金融機関選びは、慎重に行うことが大切です。

では、どんな基準で「つみたてNISA」口座を開設する金融機関を選べばよいでしょうか?
今回は、金融機関選択のポイントについて、3点ほど説明していきます。

中郡久雄さんのバックナンバー記事はこちら

つみたてNISAの選び方ポイント1:対象商品の品揃え


前回、前々回で説明したように、つみたてNISA対象商品は一定の基準を満たしたものに限定されます。

そのためか「どの金融機関でもすべての対象商品が買える」と思われている方が多いようですが、実際は違います。

金融機関によって取り扱う商品や本数は大きく違います。
ネット証券は、100本以上の取り扱いをしてところがほとんどです。

一方、対面販売が主軸の銀行や証券会社は、1本から20本程度に絞り込んで販売をしています。

*各金融機関の取り扱い商品本数については、「モーニングスター つみたてNISA (積立NISA) 総合ガイド | 対象商品数一覧」を参照してください。

つみたてNISAの選び方ポイント2:引き落とし方法


積み立てていく資金はどこから引き落とすのでしょうか。考えられるのは、証券総合口座、銀行口座、クレジットカード引き落の3つの方法です。

すでに投資の経験があり、証券会社に口座を持っている方なら、証券総合口座からの引き落としでも面倒は感じないでしょう。

しかし、つみたてNISAをきっかけに投資を始めようとする方にとってはそのたびごとに銀行口座から証券総合口座にお金を移動させるのは面倒かもしれません。

なお、クレジットカードの引き落としに対応している金融機関は、現状、ごく一部に限られています。

関連記事:

ピックアップ

共感力がない夫に脱力! 妻が陥るカサンドラ症候群とは?
誰かを頼れず無理ばかりしてしまうあなたへ【韓国エッセイ・試し読み】
誰かといても疎外感を感じてしまうあなたへ【韓国エッセイ・試し読み】
秋に始めたい!きのこでダイエットのやり方・注意点とは?