排卵障害とは?排卵しない原因や症状と治療方法を知ろう

排卵障害とは?排卵しない原因や症状と治療方法を知ろう

「生理があるから、排卵もあるはず」と思っていたら、実は排卵していない、というケースがあるのをご存じですか?排卵の有無は、生理だけでは判断することはできません。また、排卵していない「無排卵」の状態を放置すると、妊娠しにくく […]

「生理があるから、排卵もあるはず」と思っていたら、実は排卵していない、というケースがあるのをご存じですか?排卵の有無は、生理だけでは判断することはできません。また、排卵していない「無排卵」の状態を放置すると、妊娠しにくくなってしまいます。
排卵のメカニズムから、「排卵障害」が起こる原因や症状と治療方法までを紹介します。

排卵が起こるメカニズム

排卵は、「視床下部→脳下垂体→卵巣」の3つが連携してホルモンを分泌させることで起こります。ホルモンの司令塔である脳の視床下部から「性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)」が分泌されると、これを受け取った脳下垂体から、卵胞の発育を促す「卵胞刺激ホルモン(FSH)」と、成熟した卵胞に排卵を促す「黄体形成ホルモン(LH)」が分泌されます。この2つのホルモンが、卵巣に働きかけることで、卵胞が成熟して、排卵が起こるのです。

生理があっても排卵していないことも

毎月生理があったとしても、毎回正常に排卵があるとは限りません。排卵に関わる視床下部、下垂体、卵巣のうち、どこか1つにでも不具合が生じると、排卵が正常に行われなくなるのです。これを「排卵障害」といいます。

排卵障害が起こる原因は?

排卵障害は、様々な原因によって起こります。その原因を探っていきましょう。

視床下部に原因がある場合
排卵障害の中で最も多いといわれ、無理なダイエットによる急激な体重減少、やせ過ぎ、ストレス、激しい運動のし過ぎなどが原因で起こります。

下垂体が原因の場合
下垂体が腫瘍に圧迫されて、機能障害が起こる「下垂体腫瘍」や、出産後の大量出血で下垂体が壊死・梗塞して機能低下する「シーハン症候群」などがあります。

卵巣に原因がある場合
卵巣の卵子が枯渇することで生じる排卵障害で、18歳を過ぎても初潮が起こらない「ターナー症候群」や、通常よりも早く閉経する「早期閉経」などがあります。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)
卵胞の育成が進まず、なかなか排卵されない未成熟な卵胞が、卵巣内にたくさんできている状態。生殖年齢の女性の5%から8%にみられ、生理不順、無月経、不妊、肥満などの自覚症状がある。

高プロラクチン血症
排卵を抑制するホルモン「プロラクチン」が過剰に分泌され、排卵が起こらない状態。

甲状腺ホルモンの分泌低下
新陳代謝を活性化させる「甲状腺ホルモン」の分泌が低下すると、排卵障害が起こる場合がある。

関連記事:

ピックアップ

妊娠初期・中期・後期別の起こりやすいトラブルや病気
妊活中に知っておきたい子宮の病気と妊娠への影響
妊娠中期(16~27週)の変化に伴う5つの注意点
生理痛があるのは当たり前……ではない!?