第3子の妊娠判明でうれしい反面、不安を感じてしまった【ママの体験談】

第3子の妊娠判明でうれしい反面、不安を感じてしまった【ママの体験談】

この記事では、第3子の妊娠判明でうれしい反面、不安を感じてしまったというママの体験談を紹介しています。上の子たちの成長と出会う機会が増え、出産に向けて、よりいっそう育児を楽しむ気持ちになっているそうです。

筆者は3歳の長男、1歳の長女の育児中、第3子の妊娠判明でうれしい反面、さまざまな不安を感じました。出産が近付くにつれ、不安やイライラが募ることがありましたが、それを吹き飛ばしてくれるようなできごとがあったんです。

第3子の妊娠

長女が生後8カ月になったころ、第3子の妊娠が判明しました。「子どもは3人ほしい」という希望があったので、とてもうれしいできごとでしたが、ちょっとした心配もありました。


当時3歳直前の長男は、イヤイヤ期の真っただ中で、自分を見てほしいとアピールする日々。そして長女は、ハイハイとつかまり立ちをマスターし、目が離せない状況だったのです。

長男、長女と妊娠生活

3人目の妊娠ということもあり、ある程度気持ちに余裕を持って妊娠生活をスタートさせた私でしたが、おなかのふくらみとともに、子どもたちとの関わり方に変化を感じるようになりました。


子どもの要望にうまく答えられず、ダダをこねる子どもに対して、必要以上にイライラしたり、些細な家族からの指摘に対して大きな不安を感じてしまったり。そんなことが増え、気持ちの余裕がどこかへ行ってしまうことが増えていきました。

関連記事:

ピックアップ

「ママいなくて大丈夫?」もうすぐ幼稚園。娘の答えに涙腺崩壊…!
「今日も怒ってしまった…」むやみに子どもを怒る前に考えたいこととは?
「もっと一緒にいたい…」初デートで遅い時間になって…/相席施設で運命の人
やりがちだけどNG。保育士が実は困っている家での食事のこととは?