【販ぐ】読めそうで読めない…!「はんぐ」じゃないですよ!

【販ぐ】読めそうで読めない…!「はんぐ」じゃないですよ!

読めそうで読めない漢字シリーズ、今回のお題は「販ぐ」です。 「はんぐ」と読みたいところですが、残念ながらそれは不正解! 「販」の漢字を使った熟語を思い浮かべると、正解がわかるかもしれませんよ。

(1)「販ぐ」の読み方の正解は?

読み方の正解は「ひさぐ」です。 読めた人は素晴らしい! 「販」は中学生で学習し、漢字検定の4級で出題される漢字。 難しい漢字ではないのに、こんな読み方をするとは驚きますね。

(2)「販ぐ」の意味は?

「販ぐ」には、うる、あきなうという意味があります。 「販売」や「市販」、「通販」という熟語を思い浮かべたら、納得できませんか? ちなみに「販う」と表記する場合は「あきなう」と読みます。 「販ぐ」は、雅語(がご)と呼ばれる言葉です。 雅語とは、古典における上品で正しいとされる言葉のこと。 「販ぐ」は現代人の私たちにとっては耳慣れない言葉ですが、優雅な言葉として使われていたようですね。

関連記事:

ピックアップ

「はしごしてついにゲット!」「品薄率高めだよね…」買えたらラッキーなスリコ”大人気アイテム”6選!
「買ってる人よく見かける!」コストコで大好評の”韓国グルメ”はもう食べてみた?
「100均ってほんっとスゴイ!」ダイソー・セリアで見つけた”賢いアイテム”って知ってる?
「サイズによってはすでに完売!?」ユニクロ・GUの”大人気アイテム”は見つけたら即ゲットして…!