義父から「子どもは大丈夫か」ってどういう意味?余計な心配がつらい…

義父から「子どもは大丈夫か」ってどういう意味?余計な心配がつらい…

初産の嫁の体調や初孫の成長などいろいろと気にかけて心配してくれる義父。しかし、その心配がときにはママの負担になることも……。義父の悪気ない発言に傷ついた体験談です。

義父はやさしい人で、私をよく気づかってくれます。長子を妊娠・出産した際は、義父にとっても初孫だったためか、いろいろな本を読んだりドキュメンタリー番組を観たりして得た知識をいろいろと教えてくれました。しかし、そのことで遠回しに傷つけられることもありました。


知っていることを延々と聞かされる

義父は博識で、普段から私の役に立ちそうだと思ったことを教えてくれます。妊娠中も、「妊娠中はこんな栄養素を積極的にとるようにしたらいい」「胎教にはこの音楽がいいらしい」などなど、いろいろな情報を教えてくれました。


しかし、それらはすでに知っているものばかり。妊娠している本人が1番アンテナを張っているのは当たり前なのですが、義父はそうは思わず、私がすべて初耳だと思って話しているので、期待を裏切るわけにもいかず……。


「へ~!」「そうなんですか~!」「あっ、それは前に助産師さんから聞いたことがある気がします!」などなど、義父の顔を立てるように返事をするのが大変でした。

「帝王切開の子は~だから」と言われる

出産は帝王切開でした。出産する前は全然気になっていなかったようなことが、やはり自分で体験すると気になるようになりました。例えば、「帝王切開で生まれた子は、辛抱ができない子になる」とか「アトピーやアレルギーになりやすい」など大抵は根拠のない話です。


生まれ方は関係ないと思いながらも気にしているところへ、義父から「帝王切開の子はアトピーになりやすいから食事に気を付けるように」だとか「たくさん母親の愛情を与えるように」だとか言われ、当時は深く傷つきました。

関連記事:

ピックアップ

「まばたき多くない…?」2人目妊娠中、長男にチックのような症状が…!
「年末年始は友人と?ありえない!」両親の主張にうんざり…。しかし私が結婚すると?
幼稚園入園後、男の子を持つママ友と話す機会が激減!その結果、ママ友関係に変化が現れて!?
【離乳食デビュー】兄弟それぞれの離乳食初日は!?久しぶりに10倍がゆを食べた兄の表情が最高!