GODIVAのフードメニューも!東京駅グランルーフ フロント内に国内初の「GODIVA cafe」が登場

GODIVAのフードメニューも!東京駅グランルーフ フロント内に国内初の「GODIVA cafe」が登場

ゴディバ(GODIVA)が、2020年11月26日(木)、東京駅グランルーフ フロント内に国内初となる「GODIVA cafe Tokyo」をオープン。イートインをメインにして、フードメニューも多数提供するスタイルは今回が初となる。

心地よいカジュアルさと上質感が共存するハイセンスな空間

店内はGODIVAのルーツを感じさせるような、モダンヨーロピアンのスタイルがベース。「ちょっと特別な毎日」を届けるカフェとして、日常使いできるカジュアルさと、気分が上がるような上質感が共存している。

例えば店内には、デンマークを代表する「FRITZ HANSEN(フリッツ・ハンセン)」の名作チェアを配置。上質なハイブランドの家具を用いながら、色使いやライティングにもこだわって、心地よくハイセンスな空間を演出している。

ここでしか味わえない!専用マシンで作るチョコレートドリンク

ドリンクメニューでは、人気の「ショコリキサー」はもちろん、オリジナルのチョコレートドリンクも多彩なラインナップ。チョコレートドリンクをおいしくつくるためだけに開発された専用のマシンで、ゴディバのチョコレートを使って作られる、なめらかで濃厚な味わいがたまらない。

「オリジナルチョコレートドリンクはカフェのオープンに際して開発したもので、当店以外では召し上がることができません。ぜひ一度お試しください」と広報担当者さん。

また、コーヒー類、紅茶類には「カレ」という四角いプレート型のチョコレートがひとつ添えられるのも、嬉しいサービス。エグゼクティブのシェフ、パティシエ、ショコラティエのヤニック・シュヴォロー氏による、コーヒーとチョコレートのペアリングセットもおすすめ。

関連記事:

ピックアップ

<2023年最新>東京のカフェ&ティーサロンのチョコレートアフタヌーンティー6選
京王プラザホテルのスイーツビュッフェ「ストロベリーコレクション with リラックマ」を人気YouTubeのモチ子さんが動画レポート
東京ミッドタウン日比谷「デリーモ」のいちごパフェの美しいルックスにうっとり。多層的にいちごを楽しめる
渋谷「夜パフェ専門店 パフェテリア ベル」のいちごパフェは、いちごやチェリーの酸味と濃厚なピスタチオのバランスが絶妙!