FAITプログラムとは?|白梅学園大学福丸教授、立教大学山田教授に取材

FAITプログラムとは?|白梅学園大学福丸教授、立教大学山田教授に取材

両親の離婚は子どもの心理状態に大きな影響を与えてしまいます。また親自身も相当のストレスを抱えてしまうものです。FAITプログラムはそんな子どもや親の手助けとなるために生まれた米国発のプロジェクトです。

両親の離婚は子どもの心理状態に大きな影響を与えてしまいます。気楽に周りに相談ができず、一人で悩んでしまうことも多いでしょう。また親自身も相当のストレスを抱えてしまうものです。FAITプログラムはそんな子どもや親の手助けとなるために生まれた米国発のプロジェクトです。

今回は、「FAITプログラムについて」や「プログラムかける想い」などを白梅学園大学福丸教授、立教大学山田教授に取材を行いました。

この記事はそのインタビューの内容を会話形式にまとめたものとなっています。

FAITプログラムとは

アシロ取材班

FAITプログラムとはどのようなものなのでしょうか。

福丸先生

親の離婚によって子どもが抱きやすい不安や、親子関係の中で生じやすい問題等への理解を深めて、コミュニケーションを介した具体的な対応などを習得するためにアメリカで開発された心理教育を、日本の状況に合わせて改訂したものがFAITプログラムです。

 

Families In Transition(家族の移行期)という意味のプログラム名にもあるように、離婚を家族が新たな形になる移行期と捉えて、その手助けとなるようなプログラムとなっています。

 

親自身にとっても、離婚のストレスは相当なものであり、子どもの気持ちを十分に考える余裕がなくなることもしばしばあります。

 

親自身もケアをされなければ、親としての機能を果たす余裕がなくなってしまいがちです。

 

そこで、このプログラムは親の親としての機能を高めると同時に、子どもが親の離婚によって抱きやすい不安や悩みついてもケアや対処をしていけるようなプログラムとなっています。

 

開発されたケンタッキー州では離婚時に受講するよう義務づけられていて(司法過程に組み込まれて)いますが、日本では離婚時の受講に限定はしていません。当初は離婚後2年以内までの方を対象としたプログラムを想定していましたが、実際には離婚前から離婚後数年というように参加者の様々なタイミングでプログラムを提供しています。

 

参加者は皆さん、離婚の経験という共通点がありますが、一方で、異なる年齢、発達段階の子どもがいる参加者からの体験談を聞くことで他の参加者が気づきを得ることもとても意味があるようです。例えば、既に大きな子どものいる参加者さんが、小さな子どもを育てる参加者さんに対し「うちもそういうことがあったよ」と伝えるなどの相互交流が見られることもありました。私たちも参加者の皆様のお話を聞くことで学びを得ることも多いです。

 

一方で個人的な体験を聞くだけでなく、根拠のある理論的な内容についてもプログラム内で紹介していきます。

 

このように、メンバー同士の相互作用からも、また理論的な視点を通しても理解を深めていくことが出来ることも特徴的ですね。

 

もちろん話したくない内容は無理に話すことは勧めていませんが、守られた状態で、会話できる環境を提供できているとも感じています。

アシロ取材班

具体的なプログラム内容を教えて頂けますでしょうか。

山田先生

FAITプログラムは、グループ形式で各日2時間程度、2日間に渡って行います。親グループ、低年齢の子どもグループ、思春期青年期のグループの3つがあります。約10名を1グループとして、グループ毎に心理士2名のファシリテーターを配置してプログラムを進行します。親子は別々の空間でプログラムに参加し、親の離婚を経験した子ども同士、そして離婚を経験した親同士で参加するようになっています。

 

他の参加者と共に、ワークブックやDVDを通じての座学とディスカッションを織り交ぜて進行していきます。

 

プログラムはA・B・Cの3つのパートに分かれています。親グループの場合、Aパートでは、子どもの発達段階に応じた心理状況の理解を深めることが狙いになっています。Bパートでは、離婚後の親子関係を良好なものとするための具体的なコミュニケーション方法について学ぶことができます。Cパートでは、元配偶者とやり取りをする場合のコミュニケーション方法について紹介しています。

 

また、子どもグループおよび思春期青年期グループのプログラム内容は、親の離婚という経験から何を失って何を得たのか、どのような人やどんなことが支えになったのかを振り返ったり、未来の心配事について話したり役立つコミュニケーションスキルなども扱っています。

 

両親の離婚やそれにまつわる心配事等について、子どもたちが誰かに話をする機会は多くありません。離婚や家族に対する気持ちを表現したかったらしてもいいことに改めて気づいたり、話したいときには誰かに自分の話を聴いてもらったりという体験はとても大切です。また、親の離婚を経験しているのは自分だけではないと感じること、親の離婚は自分のせいではないと改めて保証されたり実感できたりすること、親の問題と自分の問題は分けて考えられること、なども子どもの成長の過程で重要なことと考えています。プログラムの中では、こうした視点を子どもたちと共有していきます。

 

また、子どもに向けたFAITプログラムの対象年齢は5~17歳とされていますが、昨年度、立教大学も含む複数の大学の学生に向けて試行実践の研究を行いました。
大学生になってから、FAITプログラムを受けることで、未成年の頃の両親の離婚を起因とする出来事に対する感情の整理ができ、他の参加者の体験を聞くことで、そのような出来事や悩みを抱えている人は自分一人ではないことに気づく機会になったようです。

 

このように親と子どものそれぞれに立場に合わせてプログラムは設計されています。

アシロ取材班

FAITプログラムの特徴を教えてください。

福丸先生

親には、離婚後の子どもの成長を見守り、子どもの理解や親子関係の理解に役立つと考えられることについて、座学やグループワークを通じて、理解を深められるように工夫されています。。

 

グループワークでは、同居親や別居親、それぞれの参加者同士がテーマに沿って対話することで、実体験に基づいた話を交えて進めていきますので、テキストやDVDを介した学びだけではなく、各参加者の体験談や意見などに耳を傾けることで、色々な気づきや理解が得られるのだと思います。

山田先生

当プログラムは、離婚前、離婚中、離婚後それぞれの段階に応じた子どもに対する”親としての機能”を高めることが狙いとされています。

 

子どもの発達段階や家族関係の状況に応じて、適切な子どもとの接し方は変化していきます。

 

それぞれの時期に合った、子どもの不安に対する適切な対処法を知ることが出来ることも大きな特徴です。

親が子どもと接するとき心がけるべきポイント

アシロ取材班

親が子どもと接するにあたり、心がけるべきポイントはどのような点でしょうか?

福丸先生

まず、コミュニケーションという点では、できるだけ子どもの言葉に耳を傾ける姿勢が大切ではないかと思います。子どもにとっての親の離婚は、やはり親の経験とは異なる面が少なくありません。子どもの言葉に耳を傾けたり、子どもなりの気持ちや状況を少し想像してみたり、普段のコミュニケーションを子どもの目線ですこし見直してみることは、親子の関係にも意味があると思います。もちろん親自身も大変な中で、なかなか難しい場合もあるでしょうから、支えが必要なときは、親自身が誰かに頼ったり信頼できる人に話をしたり、とセルフケアも大切になるでしょうね。

ピックアップ

諸外国の親権制度から読み解く子どもの福祉|子どもの福祉のために知るべきこと
マインドフルネス瞑想の効果や実践方法とは?駿河台大学相馬先生にインタビュー
面会交流で子どもの福祉を実現させる方法と問題点とは?|東北学院大学遠藤教授に取材
離婚による子供のメンタルヘルスへの影響とは?神戸女学院大学若佐先生にインタビュー