"学資保険は不必要"って本当? 子どもの教育資金の賢い貯め方を専門家がアドバイス

"学資保険は不必要"って本当? 子どもの教育資金の賢い貯め方を専門家がアドバイス

子どもが生まれたら、学資保険に入るのが当たり前だと思っていませんか。教育資金を準備していくために学資保険が最適なのかどうか、学資保険以外の方法があるのかなどは気になるところではないでしょうか。エフピーウーマン所属のファイナンシャルプランナー・安部智香さんが解説してくれました。

教育費、いくら必要?

「人生の3大費用」と言われているのは教育資金、住宅資金、老後資金です。その3つの中でも教育資金は、子どもが生まれたら必要な時期がわかるため、計画を立てて準備しやすい資金です。とはいっても、必要になる額は幼稚園から大学までずっと公立でいくのか、そもそも大学に進学するのか、進学するなら文系か理系かなどでも大きく違ってきます。文部科学省の調査によると、幼稚園から高校までの学習費(学校教育費、学校給食費、学校外活動費)と、大学に支払う学費は下記の通りとなっています。

幼稚園から高校まで

出典: 文部科学省「平成28年度子供の学習費調査の結果について」

大学

出典: 文部科学省「平成28年度私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額(定員1人当たり)の調査結果について」、文部科学省「国立大学等の授業料その他の費用に関する省令」、文部科学省「平成30年度学生納付金調査結果」

子どもが生まれたばかりでは、将来どのような学校に進むのかまだわからないという人が多いかもしれません。とはいえ、高額になりがちな大学の学費は、やはり早いうちから準備する必要があるということがわかります。

そもそも学資保険とは

教育資金の準備方法としてメジャーな「学資保険」。子どもの高校や大学の入学資金の準備のための貯蓄型の保険です。学資保険の大きな特徴としては、契約者(両親のどちらかであるケースが大半)が死亡した場合はそれ以降の保険料の支払いが不要となり、保障はそのまま継続されるという点があります。

学資保険に加入する場合は、子どもの年齢が低いうちに加入することで、そうでない場合よりも保険料を安くすることができます。これから妊娠・出産を考えている人は、早めに学資保険について検討すると良いでしょう。

関連記事:

ピックアップ

果汁100%で大満足【成城石井】即、トロピカル気分になるおしゃれドリンクBEST3
恵方巻きの具材は7種類!おすすめの定番から変わり種まで12選
玉ねぎを食べると腹痛に…これってアレルギー?気になる症状を管理栄養士が解説
コストコで絶対チェック!1個40円以下と高コスパ!美味しく食べられる保存法も