副業や在宅ワークの確定申告…ポイ活やアフィリでも必要!?ボーダーラインは20万円!!

副業や在宅ワークの確定申告…ポイ活やアフィリでも必要!?ボーダーラインは20万円!!

収入を増やすために副業や在宅ワークを始める人が増えています。そこで気になるのが確定申告。これって税金の対象になる収入になるのかな? と気になるものですね。どれくらいの収入があれば確定申告が必要なのでしょうか。ファイナンシャルプランナーがケース別に紹介します。

働き方によって収入38万円と20万円が分かれ道

在宅ワークのみの場合38万円超で必要

どこかに勤務して給料をもらわずに在宅ワークのみをしている場合は、収入が年間38万円を超えると確定申告が必要です(38万円ちょうどは含みません)。所得税を計算する上で、収入から引く「基礎控除」が本人で38万円であることがその理由。つまり、収入が38万円以下の場合、確定申告で基礎控除38万円を差し引くと税金の計算の基礎となる「課税所得」がゼロとなり、所得税は結局かからないことになるからです。

副業なら20万円超で必要

パートや会社員など給与所得のある(年末調整を受けている)場合は、年間20万を超える副収入があれば確定申告が必要です(国税庁HP「確定申告が必要な方」参照)。言い換えると、給与所得がある場合は副業で20万円ちょうどまでの収入があっても確定申告は必要ないことになります。確定申告をしたくない場合は、副収入が20万円を超えそうだったら注意が必要です。

ポイ活も「収入」になるケースあり

クレジットカードを作ってポイントを貯めたり、ポイントサイトを利用してポイントを得る「ポイ活」も、場合によっては「収入」になります。ポイントを受け取っただけで保有している場合は「収入」にはなりませんが、ポイントを現金化したり、ギフト券やEマネーなど現金のように利用できるものに変更すると「収入」(雑所得)とみなされます。なお、マイルや商品など現金以外に交換した場合は金額に換算するのが難しいため確定申告は不要と考えられますが、念のため申告する税務署に確認をしたほうがよいでしょう。

ブログのアフィリエイト収入も「雑所得」となるため、ポイ活など他の収入も合算した金額次第では確定申告が必要に

関連記事:

ピックアップ

【業務スーパー】冷凍&カット済みで超使える!トースター加熱だけでレストラン級の味に!
リピ確定【成城石井】外サクッ&中ふんわり~がたまらない♪朝ごはんにもおやつにも!
【実食レポ付き】○○ごはんとも相性抜群!成城石井の胡麻ドレがなんにでもあうって本当?
ダイソーのヨガマットは使いやすい?売り切れ続出の人気商品を徹底レビュー!