そろそろ「投資嫌い」の場合じゃない?「貯金好き・投資嫌い」の日本人が考え方を変えねばならない理由

そろそろ「投資嫌い」の場合じゃない?「貯金好き・投資嫌い」の日本人が考え方を変えねばならない理由

日本人は金融資産の大半を貯金にまわし、投資にはあまり積極的でないと言われてきました。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。エフピーウーマンのファイナンシャルプランナー、石倉博子さんが解説します。

日本の高い「現金・預金」比率

家計における金融資産構成を米国、ユーロエリアと比べた表があります。

出典: 「資金循環の日米欧比較」日本銀行調査統計局(2018年8月14日)

これを見ると、現金・預金の比率が、米国13.1%、ユーロ33.0%であるのに比べ、日本は52.5%と圧倒的に高く、金融資産の半分以上を現金・預金で持っていることがわかります。

一方で株式等の運用資産(株式等、投資信託、債務証券)の割合は、米国が53.9%、ユーロが31.3%に対し、日本は16.2%どまりです。日本人が資産運用に消極的であることがわかります。

なぜ投資をしないのか

日本人が投資に消極的な理由について、野村総合研究所の調査結果を元に探ってみましょう。

日本の投資経験者はどのくらい?

下の図は日本人の投資経験者と投資未経験者(さらに投資関心層と投資無関心層に分けています)を表したものです。

出典: 「個人の投資に対する取り組み状況に関する調査」野村総合研究所(2015)

これを見ると、若い人ほど投資経験は少なく、年齢が上がるに連れて投資経験者が多くなりますが、一方で投資に関心がある人の割合は若い人の方が高くなっています。ここで注目すべき点は、投資経験者の少なさと無関心層の割合の多さです。20~40代全体で見ても、投資経験者は27%しかおらず、半数以上が投資に無関心という結果となっています。

投資をしない理由は?

前述の投資無関心層に、投資をしない理由を聞いています。その結果が下のグラフです。

出典: 「個人の投資に対する取り組み状況に関する調査」野村総合研究所(2015)

最も多い理由が「損をすることが不安である」ことから、“投資”にマイナスイメージがあることが伺えます。「投資はリスクがあるもの」という前提に、二の足を踏む人が多いようです。

次に「難しそう・敷居が高い」「十分な知識がない」と続きます。これは、日本では、金融リテラシーを学ぶ機会があまりないことが原因のように思われます。学校教育ではもちろんのこと、社会に出てからも学ぶ機会は限られており、自ら知識を得ようとしない限り得られない日本の現状を反映しているように思います。

関連記事:

ピックアップ

ほうれん草は茹でてから冷凍がおすすめ!冷凍するときのコツと手順
サックサクのパイからミートソースがとろ~り♪業スーのミートパイがお店レベルの味!
意外とカロリーが高い!?もやしのカロリーとダイエットにおすすめの調理方法
コストコでしか買えない!バリラのパスタソースがいろいろアレンジできて便利すぎ♪