そろそろ「投資嫌い」の場合じゃない?「貯金好き・投資嫌い」の日本人が考え方を変えねばならない理由

そろそろ「投資嫌い」の場合じゃない?「貯金好き・投資嫌い」の日本人が考え方を変えねばならない理由

このままでは日本はどうなる?

日本人がこのまま資産運用をせず、現金・預金で持ち続けていたらどうなるでしょうか。現金や預貯金は運用されないお金、つまり「死に金」であり、経済を動かすことがありません。そのため、ただでさえ少子高齢化が進んでいく日本でこの状態が続くと、日本経済は尻すぼみとなってしまいます。

一方で、株式等の運用資産は「成長資産」と呼ばれ、投資によって企業が成長するだけでなく、個人の金融資産も運用リターンによって増やすことができます。そのため政府は「貯蓄から投資へ」とスローガンを掲げて、「iDeCo」や「NISA」などを広めていますが、投資未経験者にとっては、敷居が高いと言わざるを得ないようです。

資産運用を始める前にまずやるべきこと

「投資=怖いもの」と思っている人に、いくら投資を勧めても、やるはずはありません。怖がる理由のほとんどは「よくわからない」からです。日本はバブルの崩壊があり、投資の怖さを痛感したあとに、今度はデフレが長く続いて、投資で良い思いをする経験がほとんどなかったことも原因としてあるでしょう。しかし、しっかりとした知識を持って投資を行ってきた人は、ダメージも少なく、投資を怖いとは思っていないはずです。まずは、金融リテラシーを子どものうちから身に付けさせることが重要であるように思います。

知ることで怖さはだいぶなくなります。銀行や証券会社で言われるままに、iDeCoやNISAを始めることがないように、まずは投資に関する本を1冊、あるいは初心者向けの投資セミナーなどに参加してみてはいかがでしょうか。

関連記事:

配信元

トクバイニュース
トクバイニュース
トクバイニュースは「くらしを少しでもラクに、ちょっぴり幸せな日常を」をテーマにしたライフスタイルメディアです。日々の買い物が楽しくなるような話題の商品情報や、料理・掃除・洗濯など家事のコツをわかりやすくお届けします。
トクバイニュースは「くらしを少しでもラクに、ちょっぴり幸せな日常を」をテーマにしたライフスタイルメディアです。日々の買い物が楽しくなるような話題の商品情報や、料理・掃除・洗濯など家事のコツをわかりやすくお届けします。

ピックアップ

アボカドは「食べすぎ注意」!?アレルギーや腹痛など気になる症状を徹底解説
300円以下って本当?業スーのチーズでいつものメニューが高級な味に変身
もつ鍋の具材おすすめ20選!基本の作り方から食材の下ごしらえまで
冷え症は改善できるの?冷え症の原因と具体的な対処法を薬剤師が解説