【年始は家計見直しタイミング】みんなの貯金額は? 固定費や教育費、小遣いの目安も専門家が解説

【年始は家計見直しタイミング】みんなの貯金額は? 固定費や教育費、小遣いの目安も専門家が解説

みんなの貯蓄額は? <年齢別>

統計局「家計調査(資産・負債編)-平成29年平均結果- (2人以上世帯)」によると、全世帯の平均貯蓄額は1,812万円。年齢別にみると、40歳未満は602万円、40歳~49歳では1,074万円、50歳~59歳は1,699万円となっています。

こうやって数字を見ると、金額の高さに驚く方も多いのではないでしょうか。「我が家の貯蓄額は全世帯平均に全く届いていない…」と嘆く必要はありません。全世帯の平均額は、60歳以降の貯蓄額が2,000万円以上と多いために高くなっているのです。ちなみに、勤労者世帯の平均貯蓄額は1,327万円です。

知っておきたい「平均値」と「中央値」の違い

それでもやはり、平均貯蓄額が「高くて驚く」と思われる方もいるでしょう。実は、統計調査の平均は、一人でも高額貯蓄者がいれば金額が引き上げられてしまうため、実態とかけ離れた結果になってしまうことが多々あります。

そこで用いられるのが「中央値」です。中央値は、調査対象の結果を低い順に並べて真ん中にくる数値のことで、平均値よりも実態に近い数字であると考えられています。前述の調査では、貯蓄額の中央値は2人以上世帯全体が1,074万円、勤労世帯の場合は792万円です。どの程度の貯蓄額がオーソドックスなものかを考える場合は、この値を基準に考えてみると良いでしょう。

関連記事:

ピックアップ

冬と夏で「ほうれん草の栄養」は変わる!?気になるカロリーとダイエットおすすめレシピ【管理栄養士が解説】
モチモチ生地に手が止まらない【コストコ】茹でても揚げても旨い新グルメがブームの予感
朝食におつまみにと大活躍【成城石井】銀賞受賞した自家製グルメの実力を詳細ルポ
えのきの賞味期限はどのくらい?保存法による違いと腐敗の見分け方