節約達人が警鐘!「節約は大事、でも未来への投資は妥協しないで!!」

節約達人が警鐘!「節約は大事、でも未来への投資は妥協しないで!!」

節約ライフを上手に続ける秘訣は、メリハリを持った支出方法にあるのかもしれません。お金をかけるものとかけないものの基準を明確に持っている節約上手さんにその基準を聞く本連載。今回は人気ブロガーのkiwigoldさんが日頃行うお金の使い方について語ってくれました。

【前回の連載】 第2回「【連載】節約達人のお金をかけるもの、かけないもの–第2回 高い安いのmixがコツ」を読む

High&Lowの基準

5歳の息子と夫と3人で小さな賃貸ハイツで暮らしているkiwigoldです。共働きをしながらコツコツと無理のない節約ライフを続けています。

節約ライフとはいえ、何でもかんでも安いものを買って節約するというやり方はしていません。節約する部分はしっかりと締め、必要なものや自分にとって大切なものにはちゃんとお金をかけるというように、High&Lowのメリハリをつけるようにしています。

そんな私のHigh&Lowを決める際の基準は、時間をかけて一緒に育っていきたいものかどうか。消耗品や、短期間だけ使う流動的なアイテムはLowコストで抑え、反対に一生かけて付き合っていきたいものは、例え価格がそれなりにしてもお気に入りのものを買って長く大切に使うようにしています。そんな観点で選んできた、わが家のHigh&Lowアイテムをいくつか紹介します。

低価格で買うと決めているもの

低価格で買うと決めているものは、基本的には消耗品。もしくは使う期間が短いものです。これらは、できるだけ低価格で抑えて節約するようにしています。

その1: 毎日使う日用品・消耗品

毎日キッチンで使うスポンジは100円ショップで5個入りのものを購入。気兼ねなく使って汚れたら惜しみなく交換しています。他にも子どものお弁当用のグッズも100円ショップのアイテムが活躍してくれています。消耗品は使いやすく低価格のものが1番です。

その2: 収納ケース

収納に活躍しているケースも100円ショップで揃えています。というのも、転勤族の我が家は引っ越しをすることも多く、引っ越し先の収納場所のサイズによっては続けて使えなくなることもあるからです。

いつか定住する家が決まったら、収納アイテムも長い目でみて買うようになる思うのですが、今は流動的なアイテムは低価格で揃えています。とはいえ、なんでもいいというわけではありません。次の場所で不要になっても引き出しの中などで使い回せるなど、応用がきくシンプルな色とデザインのものを選ぶようにしています。 

その3: 子ども服

子どもの服はほとんどが友人や親戚からのおさがりで回しています。毎日通う保育園では、汚れてもOKな服で思い切り遊んで欲しいと思っています。靴下や下着などの消耗品も、フリマアプリや貯めたポイントで購入。

ただし、お出かけの際に着る服は、季節ごとに上下のコーディネートで2セットだけお気に入りのブランドの服を揃えておきます。そうすることで、ちょっとしたイベントがあっても困りません。

関連記事:

ピックアップ

【業務スーパー】冷凍&カット済みで超使える!トースター加熱だけでレストラン級の味に!
リピ確定【成城石井】外サクッ&中ふんわり~がたまらない♪朝ごはんにもおやつにも!
【実食レポ付き】○○ごはんとも相性抜群!成城石井の胡麻ドレがなんにでもあうって本当?
ダイソーのヨガマットは使いやすい?売り切れ続出の人気商品を徹底レビュー!