みんな実は気になってました…【冷凍食品VSおそうざい】どっちがオトクか調べてみた!

みんな実は気になってました…【冷凍食品VSおそうざい】どっちがオトクか調べてみた!

疲れている時や時間がない時に頼りたい冷凍食品や惣菜。しかしながら、自分で作るよりは少々割高。食費を抑えるためにも、おいしくて安いものを利用したいところです。お得具合で考えると、冷凍食品と惣菜、どちらを利用するのが良いのでしょうか。実際に商品を購入し、比較してみました!

冷凍食品とおそうざいの比較方法

今回はおかずの定番、餃子とコロッケで検証してみました。それぞれ冷凍食品と惣菜を購入し、1個あたりの価格でどちらがお得か比較します。

餃子編

冷凍餃子

今回は某大手メーカーの定番商品を購入しました。袋から出したら冷凍状態のままフライパンに並べ、焼き色がつくまで数分焼けば完成するとっても簡単な調理方法です。

タレにつけていただきます。

焼くのは少し面倒…と思われるかもしれませんが、焼きたてのパリッと食感を楽しめるのは魅力ですね。

たっぷりと入った具材にはしっかり味がついていて、タレは控えめでも十分おいしいです。また、冷凍とは思えないほど皮がもちもちしています。焼いただけでも自分で作ったような感覚になれ、出来合いのものを食卓に出すとき特有の罪悪感も軽減。

こちらの冷凍餃子は12個入りで250円だったので、なんと1個あたり21円の計算に。本格的な餃子がこの価格で食べられるなんて嬉しいですよね。

惣菜餃子

こちらは某大手スーパーで購入した惣菜餃子です。見た目からも具材がたっぷり入っているのがわかりますね。

調理済みなので、食べる前に電子レンジで数分温めるだけ。焼き加減こそ調整できないものの、手軽さはやはり惣菜が一番です。

見た目から想像した通り、中には具材がたっぷり入っています。ニラの風味もしっかり味わうことができ、本格的な餃子の味が楽しめます。今回比べた2商品に限っていうと、1個あたりの大きさは冷凍餃子よりも大きく、惣菜餃子の方がより満腹感を得られます。

こちらは12個で515円だったので、1個あたりは43円の計算に。

というわけで、1個あたりの価格を比較すると以下の通りになりました。

冷凍餃子→21円惣菜餃子→43円

冷凍餃子の方が22円お得。焼く手間はかかるものの、この差は大きいですね。ただし、ボリューム感は惣菜餃子の方があったので、そこも加味するとこの金額差は多少縮みそうです。


関連記事:

ピックアップ

ウコンやコーヒーは有効?二日酔いにおすすめの食べ物・飲み物を管理栄養士が解説!
おならがよく出る食べ物はあるの?おならがでる3つの原因とおならを減らす方法を解説!
1日の塩分摂取量の目安は?日本人の目標量や簡単にできる減塩のコツを管理栄養士が解説
今週ローソンで使えるPonta引き換え商品まとめ(9/28〜)